発達心理学

アイデンティティ・ステータスの意味:モラトリアム・拡散・早期完了・達成

大学の授業でアイデンティティ・ステータスの4分類を教わったけど思い出せない… そもそもアイデンティティってどういう意味だったっけ?

このような疑問にお答えします。

本記事の内容

  1. アイデンティティ・ステータスとは
  2. アイデンティティ・ステータスの4類型
  3. アイデンティティについて本格的に学ぶための鉄板書籍+学生特権

 

私は児童精神科で心理士をしており、青年期のクライアントさんのカウンセリングをしています。大学時代に発達心理学・青年心理学の講義を取り、アイデンティティについて学びました。

そんな私が解説いたします。

おさらい,アイデンティティとは?

アイデンティティという言葉は元々E.エリクソンという発達心理学者が提唱した「漸性発達理論」(epigenetic theory)という発達理論に含まれる青年期の発達課題の1つです。自分らしさの感覚のことであり「自己同一性」、「自我同一性」などと訳されています。より詳しく知りたい方は>>心理学的な「アイデンティティ」の意味:エリクソンの漸性発達理論をご覧ください。

アイデンティティ・ステータスとは

アイデンティティ(エリクソンで有名)は達成までの間にいくつかの特徴的な状態があり、その分類をアイデンティティ・ステータスと言います。

元々はマーシャ(J.E.Marcia)が提起した概念で、青年期の発達課題であるアイデンティティ確立に向けて、課題をどのように対処し克服しようとしているかの行動類型です。アイデンティティの達成状況パターン」と言うこともできます。

アイデンティティ・ステータスの話に行く前にマーシャがどのように分類したかだけ説明させてください。アイデンティティ・ステータスは「危機(crisis)」と「積極的関与」いう2つの要素を測定し、それらがどのような状態にあるかでステータスを分類しています。

危機(crisis)

役割の試みと意思決定期間、と解説されていますが、ようするに、達成に向けて悩んでいるか否かです。

積極的関与(commitment)

人生の重要な領域(生き方・職業・価値観など)に積極的に関与しているかどうかです。

以後の内容は危機と積極的関与の2要素を頭に入れたうえで読むと理解しやすいと思います。

アイデンティティ・ステータスの4類型

アイデンティティステータスには拡散、早期完了、モラトリアム、達成の4つの分類があります。

1. 拡散(Diffusion) [ 危機:ありorなし/積極的関与:なし ]

危機の有無にかかわらず、積極的な関与ができないグループです。
自分の人生について主体的な選択ができず、何がやりたいのか分からない、途方にくれている感じです。

ことばにすると「一生懸命なんてダサいっしょ」といったイメージです。

・パターン1
自分自身について真剣に悩んだ事がないため、今の自分が良くわからないでいるタイプ。

・パターン2
全ての事に積極的に関与する事を回避し、無関心の状態を維持することで、あらゆる可能性を持っておこうとするタイプ。1つのことに打ち込むことで、現実の自分や自分の限界があらわになってしまうために起こる。

いずれにしても自己評価は動揺しやすく、他者との親密な関係を形成できずにいることが多いと言われています。他にもむさしさ、自意識過剰、偶然に身を任せるといった特徴があります。

2.早期完了(Foreclosure) [ 危機:なし/積極的関与:あり ]

危機を経験していないのにも関わらず、積極的関与をした結果、一見すでにアイデンティティが確立されたような状態のグループです。

「これでいいや。簡単そうだし」などと生き急そぎ、重要な選択を熟慮せずにしてしまった方とも言えます。会社社長のご子息に多いかもしれません。

特徴として、両親とは密着した関係にあり、その考えや価値感を身につけています。職業の選択にも親が積極的に関与しているので、一見アイデンティティが達成されたように見えますが、その価値観は吟味なしに無批判で身に着けたものであり、見せかけです。

結果的に心理的な悩みや危機をあまり経験しておらず、考えも硬く融通がきかないため、自分の価値観が通用しないような状況に置かれると混乱し防衛的な行動をとります。

3.モラトリアム(Moratorium) [ 危機:最中/積極的関与:あいまい ]

エリクソンは心理的・社会的な責任の猶予期間のことをモラトリアムといいました。経済用語のモラトリアム(支払い猶予期間)からきています。

そのモラトリアム的な生き方をしているグループをマーシャがモラトリアムと分類しました。このグループは大人なるために必要な自分の適性や価値観を探求している、つまり危機を経験しつつある群です。

「自分はいったい何がしたいのだろう、あれかな、これかな」などと悩むイメージです。

自己定義を得ようといろいろな事に関心を持ち、積極的に関与しようと試みるが、それがあいまいで焦点が定まらずに悩むといった行動が見られます。

ですがこのモラトリアムにも2つのパターンがあるといわれています。

1.ネガティブなモラトリアム

関与の対象を探そうとしているものの「明日できることは今日しない」ような楽に生きようとする人。モラトリアム人間と呼ばれていた人たちです。

2.ポジティブなモラトリアム

将来どのような人間になりたいかはわからないけど、1つには絞らず、目の前に興味のあることがあるからそれに打ち込む人。結果として職業が後からついてきたりする。大器晩成の要素をもっているような人です。

4.達成(Achievement) [ 危機:あり(あった)/積極的関与:あり ]

危機を経験し、それを通じて自分で選択した人生のあり方に対して積極的に関与をしているグループです。

つまり、自分なりのアイデンティティをそれなりに確立している人たちです。

自分についてこれまで悩んだ経験がもとになっているので、何ごとも自分の意思で選択し、それに積極的に関与しようとする姿勢を持ち、かつ柔軟に対処できるのが特徴です。他のステータスに比べて自己評価は高く、親密な人間関係の形成が可能であると言われています。

私が授業を受けたときに先生が言っていましたが、「青年期ではまれ!」だそうです。

以上4つのグループを紹介いたしました。アイデンティティ・ステータスのイメージをつかめていただけたでしょうか?

アイデンティティは最終的には達成に向かっていくという性質をもっているらしく、達成以外の3グループは達成に至るまでのバリエーションととらえることもできそうです。

アイデンティティについて本格的に学ぶための鉄板書籍

以下の大野先生の書籍がアイデンティティ・ステータスの理解に非常に役に立ちます。読み物としても本当に面白く、「愛」について心理学的に論じている数少ない書籍だと思います。

最後に、ご覧の方が学部生であれば、まずは無料で自己分析することで就活におけるアイデンティティを見つけてみるのもよいかもです。

>>あなたの性格に合った仕事をマッチングする2023新卒向け就活サイト【toiroworks】

2024年卒業予定の学部生は今のうちから就活サイトに登録しておくと、他の人に差がつけられますよ。もし臨床心理士を目指していても、経験として、絶対に就活はした方がよいです。

>>就活対策オンライン講座開催中【dodaキャンパス】

本ブログでは他にも心理学に関するコラムを執筆していますので、ぜひご覧ください。

精神分析

2022/2/19

【3分で読める】エス・自我・超自我とは|フロイトの心的構造論

今回はフロイトが提唱した心の仕組みである「心的構造論」をご紹介します。単に「構造論」とも呼ばれる精神分析の前提となる重要な概念であり、心は「エス(イド)」「自我」「超自我」という3つの領域からなるというのが要点です。 3分で読める程度に短くまとめてありますので参考になれば幸いです。 心的構造論とは(エス、自我、超自我) フロイトは人の心をエス(イドともいう(id, Es))、自我(ego)、超自我(super-ego)の3つの領域からなる1つの装置(心的装置)と考えていました。 これを「心的構造論」と言い ...

ReadMore

性格心理学

2022/7/4

【性格】ユングのタイプ論とは?|外向・内向と思考・感情・感覚・直感の2×4で類型化

  この記事では精神分析家のユングが提唱した「タイプ論」を紹介します。 タイプ論に行く前に知っておくと良いのが、性格をとらえる枠組みの代表である“類型論”と“特性論”です(ちなみにユングのタイプ論は類型論によるとらえ方です)。 類型論についてはこちらの記事をどうぞ 【血液型性格診断の元祖】性格の類型論とは?【ガレノスの4気質説】 皆さんは「自分の性格を説明してください」と言われたときにどう答えますか? 「やさしい」や「おおざっぱ」などの特徴を伝えるでしょうか、それとも「誰々のような性格」や「A型 ...

ReadMore

文化心理学

2022/4/16

1分でわかる文化心理学と比較文化心理学の違い

皆さんは文化によって人の心の有りようは変わると思いますか? ぱっと思いつくだけでも、アメリカ人は自己主張が強くで個人主義的で、逆に日本人は控えめであることを良しとし、集団主義的であるといった特徴を思い浮かべることができます。 心理学においても、このように文化によって人の心理に差が出るのかということを研究する分野があり、それが文化心理学と比較文化心理学です。今回の記事ではこの2つの違いについてお伝えしていきます。 学部時代、地味にこの授業大好きでした。 定義の前に(文化と心理の基本的な前提) これまでの心理 ...

ReadMore

家族心理学

2022/4/16

離婚を予測する4つの会話は非難・軽蔑・自己弁護・無関心|ゴットマンの夫婦研究

  今回は夫婦関係の研究で非常に有名なGottman(ゴットマン)の「離婚を予測するコミュニケーション」についてです。 このゴットマン先生、夫婦研究ではかなり有名で、数多くの夫婦研究を行っています。私も修論で引用しました。もう夫婦の研究はゴットマンによってやりつくされたのでは?と思うくらい貴重な知見がたくあんあります。 今回はその中でも有名な離婚を予測するコミュニケーション(非難、軽蔑、自己弁護、無関心)を紹介します。 Gottmanの夫婦に関する実証研究のまとめ Gottmanは25年に渡る縦 ...

ReadMore

睡眠障害

2022/2/27

睡眠障害について|不眠症・睡眠不足症候群・概日リズム睡眠障害・非24時間睡眠覚醒症候群

代表的な睡眠障害についてまとめています。 key word 睡眠障害、不眠症、過眠症、睡眠不足症候群、概日リズム睡眠障害、非24時間睡眠覚醒症候群 睡眠障害 睡眠障害とは、睡眠の量・質、あるいはタイミング(時間的調節の障害)の異常と、睡眠に関連する(睡眠中に生じる挿間性の)行動の以上の総称である。 睡眠の量が不足したり、質が低下する状態は不眠症と呼ばれ、様々な要因によって日中の過度の眠気が引き起こされる状態は過眠症とよばれる。 また、睡眠をとるタイミングが崩れる状態を睡眠覚醒リズム障害といい、うつ病などの ...

ReadMore

恋愛心理学

2022/4/16

運命の赤い糸は20本ある説

運命の赤い糸とは? 運命の赤い糸とはご存じのとおり、自分と生涯のパートナーとを結ぶ見えない糸があるという伝承です。wikipediaで調べてみたのですが、アジアでは結構古くからある伝承みたいです。 この概念には運命の赤い糸は1本であるという前提があります。 この”1本の赤い糸”、つまり運命的な出会いは生涯に1回しかない、という思い込みがパートナーの選択を困難にしているという考えがあります。 例えば赤い糸が1本であると考えた場合、良い人に出会う度に「この人で良いのだろうか、もっと良い人がいるかもしれない」と ...

ReadMore

恋愛心理学

2022/4/7

愛と恋の違いとは何なのか 【心理学的な5つの説明】

愛と恋の違いってなんなのだろう・・・、「愛は真心、恋は下心」のような格言ではなくて心理的なところを知りたい。 こういった疑問にお答えします。 この記事では「愛」と「恋」の違いについて、心理学ではどのように考えられているのかお伝えしていきます。心理学において「愛」や「恋」は「アイデンティティ」の発達と関係が深く、青年心理学という分野で研究されている現象です。 本記事では心理学的な「愛」と「恋」の違いについて以下の5点を紹介します。 条件性と無条件性 自分の幸せか、相手の幸せか 時間的展望 身体現象の有無 恋 ...

ReadMore

発達心理学

2022/2/28

縦断的研究・横断的研究・コーホート研究|発達心理学の研究法を理解する

この記事では発達研究の主要な研究方法である「縦断的研究」「横断的研究」「コーホート研究」の3つの方法を紹介いたします。 縦断的研究 縦断研究は、同一個人や同一集団を継続的に追跡調査することで、その発達的変化や一貫性を検討する手法です。 例えば、ある個人を小1、小2、小3と追ってデータを蓄積していく場合、縦断的研究といえます。 縦断的研究のメリット 発達的変化やその原因を時間の経過とともに探ることが可能。環境の影響、歴史的条件などを明らかにできる。 縦断的研究のデメリット 時間・費用・労力といったコストが非 ...

ReadMore

精神分析

2022/2/24

【3分で読める】フロイトの局所論|意識・無意識・前意識

以前精神分析の前提として無意識の存在がある、ということを書きました。 今回はその無意識を含む人の意識領域について、精神分析ではどのように考えられているのかを紹介していきます。 意識と無意識(consciousness and unconsciousness) 精神分析のテキストではしばしば意識領域を氷山に例えて説明しています。 氷山の見えている部分は全体の一部分であり、大部分が水面下にあります。この見えている部分が私たちが自覚できる「意識」であり、水面下の大部分が「無意識」に例えられます。 心の大部分は普 ...

ReadMore

臨床心理学

2022/3/6

災害支援・参事ストレスへの臨床心理学的支援

“災害支援”、“参事ストレス”、“PTSD”への臨床心理的支援について要点をまとめています。 ※この記事は大学のテスト対策、大学院入試の勉強用の記事です。 災害における臨床心理学的支援 東日本大震災ではPTSDなどの心理的な症状を呈する人や喪失体験をした人のサポートのために様々な臨床心理学的支援が行われました。 災害後に起こりうる問題 被災体験それ自体。 家族・知人の喪失。 PTSD、抑うつ、不安、焦燥、怒りなどの心理的症状。 睡眠障害、生活習慣病の悪化、頭痛、腹痛などの身体症状症。 震災であれば、津波や ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

モトセ

臨床心理士です。最近は不登校支援に力を入れています。お気に入りやtwitterフォローお待ちしています。 noteでは不登校のお子さんに対する具体的な関り方をプログラム形式で書いています➝noteはこちら

-発達心理学