カップル(夫婦)関係が巡る3つのステージ -新婚2-

eye catch image 家族心理学
スポンサーリンク

家族のライフサイクルは夫婦が原家族から独立し、新しい家族ができるところから始まります。


今回はその夫婦ができた後(できる前にも当てはまるかもしれませんが)に辿る心理的なプロセスを紹介していきたいと思います。


皆さんは恋人とよくケンカをする方ですか? それとも何卒穏便に、という感じでしょうか。


家族心理学的ではケンカというか、意見の不一致による葛藤は当たり前で、大切なのはその調整です。


■夫婦が辿る循環過程


これはディム(Dym, B)とグレン(Glen,M.L)という人が提唱したもので、親密な関係に特有な変化・成長についての考えです。


彼らによると、カップルは様相の異なる3つのステージを必ず経験し、それらを順に辿りながら、少しずつ関係を深めて成長していくとのことです。


これはざっくりいうと、良い時期と悪い時期が繰り返し巡ってくるという考えです。


その3つのステージとは1.拡大・保証の時期、2.縮小・背信の時期、3.和解の時期の3つです。


1.拡大・保証の時期

この時期は互いの違いに惹かれ合い、自分にはない一面が相手によって補われていることで自分が拡大したような体験をするそうです。


自分にない考えや感じ方をするところに魅力を感じるというのは確かに納得できるところがあります。まぁ、私の考えはどうでもいいか。



2.縮小・背信の時期

しかしながら、2人の違いはだんだん疎ましく厄介なものと受け取られるようになり、相互に裏切られたように感じて関係から引きこもりがちになるようです。


例えば柔軟だと思っていた人が優柔不断で決断力がないという認識に変わってくることなどがあげられます。


最初は楽しかったけど、だんだん新鮮味も薄れてくるし、嫌なことも言えるような仲になってきて、喧嘩も増えそうですね。


3.和解の時期

2のステージを乗り越えることができると、このステージに入ることができます。


ここではいらだちや失望は軽微なものとなり、違いを相手の個性として冷静に受け止められるようになるそうです。


もはや諦めというか、それも含めてその人なのだなと思えるようになる感じでしょうか。


どんな夫婦も、この循環を何度か繰り返すとディムとグレンは言っています。


また、1期から2期への転落が比較的緩やかなこと、循環が2巡、3巡と進むにつれて、一層緩やかな移行になることが、長続きするカップルの特徴だと考えられています。


2のステージなんてなければいいのにと思ってしまいますが、どうしても直面することはあるでしょう。

それはそもそも人は悪い面を見ずにはいられない性質があるからのように思います。

危険に敏感な方が将来的に生存できる可能性があがる、という生物的な能力によるものかもしれません。



■まとめ

・夫婦が辿る循環過程

1.拡大・保証の時期
2.縮小・背信の時期
3.和解の時期


このようにカップルは上記のステージを何度か循環したのち、安定した関係に移行していくようです。


夫婦、特に新婚から数年間は夫婦関係の土台作りのために、このような調整の過程が生じていくのでしょう。


次回は新婚期の離婚についての記事になる予定です。



読んでよかったと思ったらシェアをお願いします。



もし学生さんであれば、AmazonのPrime Studentに加入することをお勧めします!

Prime Studentは月額たった250円でプライム会員とほぼ同等の特典が使えるサービスです。何より無料体験が6ヶ月と長く、完全無料で半年間利用して解約することもできます

文房具・ノートが20%オフになったり、本の購入にポイント還元がつくなど学生には嬉しい特典もあります。

大学生・短大生・大学院生・専門学生の方は、今すぐ利用するすることをお勧めします。

この記事を書いた人
モトセ

30代の心理職です。元会社員で社会人入試組。ITベンチャー→大学→大学院→心理職。SC、精神科クリニック、企業内心理職の経験ありです。twitterでは心理学関係の学会の更新情報をつぶやいていますので、情報収集に使ってください。

家族心理学
スポンサーリンク
神はPsycholoを振るー臨床心理学を応援するブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました