不登校

【注意】親が不登校の子どもに言ってはいけない言葉+回避する方法

不登校の子どもにどうしても口うるさく言ってしまう…。やっぱり私がしていることってやっちゃいけないことなのかしら…

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

  1. 不登校のお子さんに言ってはいけない言葉
  2. 不登校の親がガス抜きする方法【限界が来る前に】
  3. 死にたいなどのネガティブな発言への対処法

私は現在、児童精神科で不登校などのお子さんのカウンセリングを実践している臨床心理士です。

親御さんと話す機会も多く、状況が悪化する際に無意識にやってしまっている親御さんの対応も具体的に知っている身です。

そんな私が解説していきます。

不登校のお子さんに言ってはいけない言葉

結論から言いますと、以下のようなメッセージはお子さんの心のエネルギーを減らすため、言わないほうがいいです。

  1. 先回りした発言・行動(過干渉)
  2. 質問攻め
  3. 感情的な叱責や追求
  4. 他者との比較

 

①~④の具体例

  • 「(本人が望んでないことを)~~やっておいたから」
  • 「勉強した?」
  • 「~~はやったの?」
  • 「~~しなきゃだめでしょ?」
  • 「何で言葉にできないの?」
  • 「何が嫌なの?」と連発する
  • 「もういい加減にしてよ!!」
  • 「あの子はできてるじゃないの」

先回りして色々と口出しをしてしまうことは、心のエネルギーを減らすことばの代表格と言えます。

親御さんの心理としてはお子さんに「他の子と同じように真っ当に成長して欲しい」、お子さんの気持ちを聞いて「何かしら対策をとってあげたい」につきると思います。

しかし、切ないですが、このような行動は、親自身が不登校というストレスから解放されたいがためにとってしまう「親の不安やストレス解消行動」かもしれません

※親御さんも余裕がなく、感情的に「なぜ、なんでなの」となってしまうことも多いと思います。それを防ぐには、親御さんご自身の精神的なケアがとても重要ですが、それは次の章でお伝えします。

このような先回りや過干渉に対して、菜花先生(2017)はお子さんを「放っておくこと」の重要性を述べています。

何も話さない息子さんへの対応として私は「息子さんを放っておきましょう」とアドバイスしました。実は、不登校のお子さんをもつご両親に多いのが、「放っておけない症候群」です。(中略)不登校に関する相談に対して、私が差し上げるアドバイスの1位は「そんな時は放っておきましょう!」です。放っておくとは次のことを意味します。

①子どもの言動に一喜一憂するのはやめて、
②親自身がいつも笑顔でいられるように心身を健全に保ち、
③子どもを批判するのではなく、
④全力で応援し(成功しても失敗しても努力をたたえること)、
⑤子どもに幸せの手本を示すこと(あるいは、成長の手本を示すこと)

放っておくことと無関心は違いますから、子どもが話さないからと言ってこちらも話しかけてはいけないというわけでは、もちろんありません。むしろ、「応援しているよ」「何かあったらいつでも相談に乗るよ」という親の気持ちを伝えることは積極的にした方が良いでしょう。

引用元:不登校から脱け出した家族が見つけた幸せの物語

理由:なぜ先回りしたり、干渉しない方が良いのか

理由は3つです。

  • 1つ目:単純に嫌な気持ちになるから
  • 2つ目:本人の成長を妨げるから
  • 3つ目:「登校刺激」と同じことをしているから

嫌な気持ちになって心のエネルギーが減るというのはもちろんですが、先回りは本人の成長を妨げてしまいます。

特に中学生のような第二次成長期の場合、お子さんの「自立しよう」とする気持ちが高まり、自分の行動は自分で決めたいという思いが強くなります。

そのような時に行動を指示するのはいわゆる「勉強しようとしているのに勉強しろと言われるとやる気がなくなる」と同じことがおきてしまい、やる気をそいでしまいます。

また、親御さんが先回りするとお子さんが失敗する機会が減り、失敗から学ぶ機会を奪ってしまいます。失敗への耐性がないと、ちょっとのことで情緒不安定になり、社会性が育たず、自立を妨げることになります

行くところまで行くと、お子さんが親に対して「お前がそうしろって言ったからこうなったんだ!」と逆恨みするようになる場合もあります。かなり未熟な発言ですが、本当に時々そういうお子さんとお会いします。こういった恨まれない方法については以下の記事を参考にしてみてください。

菜花先生(2017)も登校刺激について以下のように書いています。

覚えておいて欲しいことは「登校刺激・学習刺激」と「登校支援・学習支援」は違うということです。少し厳しい言い方になりますが、大事なことなのでハッキリ言いましょう。「登校刺激・学習刺激」は親自身のための行為です。「そろそろ学校に行った方がいいんじゃない」「ゲームばかりしてないで少しは勉強したら?」こうした声掛けは親の焦りや不安、苛立ちを子どもにぶつける行為、つまり、親のストレス発散です。

引用元:不登校から脱け出した家族が見つけた幸せの物語

不登校の親がガス抜きする方法【限界が来る前に】

お子さんに親御さんの不安をぶつけないために、最も大切なのは親御さん自身のガス抜きです

親御さん自身のガス抜きは「お子さんへの支援の1つ」だと思ってください。自分をいたわるためにできることは、違法でなければ何でもしてあげてください

ガス抜きの具体例

  • twitterで愚痴を言う
  • SNSで不登校の親御さんとつながる
  • 友人やカウンセラーに話を聞いてもらう
  • 理解してくれない人とは距離をとる(祖父母など)
  • 趣味の時間を作る
  • 家にいるのがしんどければパート等で働く
  • 毎日自分にご褒美をあげる
  • 親が自分の人生を生きる

「自分が楽しむのは罪悪感があるから無理」という親御さんとお会いすることがあります。

とても責任感のある親御さんだからこそ、そう感じるのだと思います。では、お子さんの目線でそういう親御さんを見たらどう見えるでしょうか?

「僕が(私が)お母さんを苦しめているんだ」と思うかもしれません。すぐに元気出してと言われても難しいかもしれませんが、親だって安らかに生活する権利はありますし、それでいいのではないでしょうか。

死にたいなどのネガティブな発言への対処法

日常的なコミュニケーションの架け橋があったとしても、時にはお子さんがネガティブなことを言うこともあるでしょう。

そんな場合について、菜花先生は以下のような対応を推奨しています。

いなくなりたい、死にたい、等の言葉は「この辛さをわかって欲しい」「本当の気持ちに気づいて欲しい」というお子さんからのメッセージです。ですから、次のように受け止めながら聞いてあげてください。

  1. 子どもの発言を否定しない。例「そんな風に思っているんだね…」
  2. そう思う理由を聞いてあげる。例「どうしてそう思ったの?」「何か辛いことがあるの?」
  3. (もし、あれば)同じような体験を話してあげる。例「お母さんもあなたと同じ年の頃、そうおもったことがあるんだ。というのはね…」と親の経験したこと、その時の気持ちなどを話してあげる。

もしその時びっくりしてうまく反応できなかったときは、「この前あんなこと言っていたけど、何か辛いことがあるの?」と落ち着いたときに話を振ってみても良いでしょう。お子さんが話に乗ってくるようであれば、どうしてそう思うのか理由を聞いてあげてください。話したがらなければ別の機会にしましょう。

引用元:不登校から脱け出した家族が見つけた幸せの物語

3は本当に「あれば」で良いと思います。ちょっと押しつけがましいと「お母さんと私は違うし」と抵抗されるかもしれません。

なかなか頭でわかっていても難しいことですが、お子さんに「そんなこと言わないでよ」と言うことは我慢しましょう

私もカウンセリングしていてこういう場面は難しいものです。

特に親御さんは「親として聞くだけじゃいけない」「親として何か救いになることを言わないといけない」というプレッシャーを感じてしまうかもしれません。むしろ、そのように感じることができる親御さんはとても愛情深い方です。

ではお子さんの心理に目を向けると、何を思ってこのような発言をするのでしょう。

親に問題の分析や解決策の提案を望んでいるのでしょうか?。恐らくそうではありません。ひどい言い方かもしれませんが、親にそんなに期待してないと思います。

お子さんは辛すぎて混乱しまくっているか途方に暮れているのかもしれません。

そんなときに正論は逆効果になることが多いです。まずは一緒にその場に踏みとどまることがお子さんの支えになります。踏ん張ったうえで、心に浮かんできた言葉をかけてあげるしかないのかもしれません。

それは「辛かったね」かもしれないし、「何かできることある?」かもしれません。ただ一緒にいた方が良いと思えばいてあげてください。

注意:いわゆる境界性パーソナリティ障害(精神疾患のひとつです)の心性があり、日常的に過度の「自傷行為」や「摂食障害」の症状(過食や嘔吐)がある場合は医療機関につなげる必要があります。どうしても専門知識なしに親が子どもの病的な部分と向き合うことには限界があるためです。

本記事のまとめ

今回は親御さんが不登校のお子さんに言ってはいけない言葉として以下を紹介しました。

  • 先回りした発言・行動(過干渉)
  • 質問攻め
  • 感情的な叱責や追求
  • 他者の比較

頭ではわかっても難しい場面も多いかと思います。

そういう時はまず母ではなく、一個人として自分を甘やかしましょう。私は自分を甘やかすときはチョコレート食って風呂入ってパックして超寝ます。

本記事で参考にした書籍は菜花先生の「不登校から脱け出した家族が見つけた幸せの物語」です。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

他にも不登校の記事がありますので、よかったら参考にしてみてください。

お気に入り登録やtwitterフォローもよろしくお願いいたします。

不登校

2022/5/2

【脱毒親】不登校を解決する親の神対応とやみ対応【正しいほめ方・認め方】

不登校の解決には親が「ほめる」対応をするといいって聞いたけど、本当かな? 意識してほめているつもりだけど、うまくできていないのかな…。意識すればするほど自分がやっていることが間違っている気がして怖い…。私って毒親なのかしら…。 こういった疑問にお答えします。 本記事の内容 不登校を解決する親の神対応【正しいほめ方・認め方】 理屈も大切、なぜほめること・認めることが必要なのか 不登校を悪化させる親の”やみ”対応【やばい宿題あります】   私は現在、児童精神科で不登校のお子さんのカウンセリングや心理 …

ReadMore

不登校

2022/4/10

【図解】なぜ不登校になるのか【原因ときっかけは違います】

子どもが学校に行かなくなってしまった…。きっかけらしきことは解決したのに行けないのはなぜなの… こういった疑問にお答えします。 本記事の内容 なぜ不登校になるのか:心のエネルギー切れ仮説 お子さんが不登校になってから回復するまでを図解します 不登校になりやすいお子さんの特徴(不登校のリスク要因)   私は児童精神科でお子さんのカウンセリングや心理検査を行っています。不登校や発達障害などのお子さんとも数多くかかわった経験があります。 もしまだご覧になっていない方は、先に【重要】不登校支援の結論をお …

ReadMore

不登校

2022/5/4

不登校のお子さんが言われて嬉しい言葉:コンプリメントの具体例5選

不登校の中期対応で決定的に重要なのは本人が動き出すことができるくらいに「心のエネルギー」を貯めることです。今回はその方法の1つである「コンプリメント」についてお伝えしていきます。 何となく会話はできてるけど、動き出す気配がない どんな言葉をかけてあげれば元気がでるんだろう おさらいですが、不登校中期で大切なことは以下の2つです。 心のエネルギーが増えるようなコミュニケーションを増やす 心のエネルギーが減るようなコミュニケーションを減らす また、重要なことは、この2つはセットでないといけません。どちらか一方 ...

ReadMore

不登校

2022/5/2

【うっせぇわと言わせない】不登校中学生への対応を解説【親の底力】

不登校になった中学生の子どもに親としてどう対応したら良いのだろう…。小学校はなんとか行っていたから大丈夫かと思っていたけど、やっぱり今の中学校特有のつらさがあるのかしら…。一度不登校になったら将来仕事に困るって聞いたけど、どうなんだろう…。 こういった疑問にお答えします。 本記事の内容 不登校の中学生にできる親御さんの対応【難しそうで難しくない少し難しい解説】 中学生ならではの不登校になる理由5選 質問:不登校になったら人生オワコンですか?【結論「違います」】 私は現在、児童精神科で不登校のお子さんのカウ ...

ReadMore

不登校

2022/4/24

【薬で解決?】ADHDだと不登校になりやすい?【ぐれない子育て】

不登校の子どもを病院につれていったらADHDと診断された…。ADHDが治れば不登校は解決するの? 薬が効くから考えてくださいとお医者さんに言われたけど、怖くてつかいたくない… こういった疑問にお答えします。 本記事の内容 ADHDだと不登校になりやすい? ADHDが治れば不登校は解決するか【コンサータ、ストラテラ、インチュニブ、ビバンセで不登校は解決する?】 ADHDのお子さんがぐれない子育て方法【ペアトレが最強】   私は現在、児童精神科で臨床心理士をしています。不登校のお子さんやADHDのお ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

モトセ

精神科・児童精神科クリニックの心理職です。他には学校、企業内で心理的支援の経験があります。最近は不登校支援に力を入れています。2022年4月にブログをリニューアルしました。お気に入りやtwitterフォローお待ちしています。

-不登校
-