PFスタディってどんな心理検査? 解釈・分析方法の概要も紹介

心理検査
スポンサーリンク




この記事ではPFスタディという心理検査について紹介していきます。

英語名は「Picture Frustration Study」、日本語名は「絵画欲求不満テスト」などと呼ばれています。

あまり馴染みがない人もいるかもしれませんが、PFスタディは「投影法」の心理検査です。

ローゼンツァイクという人が開発したもので、独自の欲求不満耐性理論というものに基づいています。

欲求不満(フラストレーション)というと変な意味にとられそうですが、ここでは欲求(自分はこうしたいという気持ち)が何らかの障害によって満たされない状態を意味します。

古典的な説明としては欲求不満耐性を測る検査ですが、個人的にはわかりづらいと感じていて、私は説明するときは「ストレスや葛藤状況に対する対処傾向を評価するもの」と言っていました。

対処傾向と言うのは噛み砕いた言い方で、もう少し専門的に言うとアグレッションの傾向を評価します。

ここで言うアグレッションとは単純な「攻撃性」のことではなく、もっと広い「主張性(主張の仕方)」であることに注意が必要と教わりました。

ここではPFスタディの概要や、実際に使っていた時の体験談からそのメリットについて書いていきます。

最後に受検された方への補足もありますので気軽に読んでいただければと思います。

実際の結果解釈に当たっては、臨床心理士等の専門家の指導・説明を受けてください。

PFスタディについて

PFスタディの内容・実施方法

PFの中身は漫画の一コマのようなイラストが24個あります。

大体2人の人がいて、片方の人がもう片方にストレスを与えるようなことを言っていて、言われた方の人の吹き出しは空欄になっています。

受検者にはその吹き出しに、その人だったらなんと言うと思うか考えてもらい記入してもらいます。

絵の状況はそれぞれ異なりますが、共通しているのはストレス・葛藤を生むような状況であることです。

例えば、片方の人がもう片方を非難していて、非難されている側の吹き出しが空欄になっているなどがあります。

そこに「ごめん」と書くのか、「なんで俺がいけないんだ!」と書くのか等で、不満状況での対処傾向を推測しようとするものです。

もちろん1つの回答からだけでなく、全体の傾向を踏まえて分析します

自分の感覚ではこの検査は比較的マイナーな方ですが、使っていた私としては結構使いやすい検査で、対人場面での対処傾向がわかるため重宝していました。

次に経験談からこの検査のメリットを紹介します。

スポンサーリンク

PFスタディの特徴(使用者目線)

実施が比較的容易

年代や性格等にもよりますが、だいたい20分程度で終える方が多いです。

そのためテストバッテリーの1つして組み込むことも容易です。

対象年齢が子どもから大人までと広い

この検査のいい点は子どもにも使えることです。

具体的には小学生用、中学生用、青年用、成人用の4パターンがあります。

小学生に使う場合、知的な問題や状況理解の難しさから書けないことも時々ありますが、それも1つの所見になるので無駄になることは少ないです。

GCRから対処傾向が一般的かわかる

GCR(Group Conformity Rate)は集団順応度や集団一致度と呼ばれるものです。

PFの各場面には比較的出やすい典型的な回答(ロールシャッハ テストの平凡反応に類似するもの)が設定されているものがあり、受検者が全体をとおして何%GCR反応を出したかで、一般的な反応の出現率がわかります。

GCRが高すぎる場合は典型的な反応をあえて出そうとしているとみなし、空気を読む過剰適応の傾向があるかもしれないと仮説を立てたり、低すぎると常識がなく自己中心性が高いなどと仮説を立てていきます。

GCRは社会性を判断する1つの指標になるため、非常に有用な尺度です。

アグレッション(主張性)の傾向がわかる

大まかには「主張の方向」と、「主張の型」の傾向がわかります。

アグレッション方向とは簡単に言うと、ストレスがかったときに誰を責めるかです(厳密には正しくないのですが細かく言うメリットがあまりないので言いません)。

3パターンに分かれており、アグレッションが他者や状況に向かう「他責的」、自分に向かう「自責的」、誰にも向かわない「無責的」の3つに分けられます。

私は説明するときには「ストレスがかかったときに、相手や状況を責めるのが他責、自分を責めるのが自責、誰も責めないのが無責」と説明していました。

解釈としては例えば自責と無責が高く他責が低い場合、相手に対して全然主張ができず、不満をうちにためやすいなどと仮説を立てます。

方向は比較的理解しやすいのですが、型の説明はやや難しいです。

アグレッションの型とは簡単に言うと、ストレスがかかった時にどのように主張するかです。

これも3パターンあり、状況の指摘に重きをおく障害優位型、自分や相手自身(自我)を強調する自我防衛型、具体的な問題解決を強調する要求固執型の3つに分けられます。

実際は各反応を方向と型のそれぞれに分類するので、3×3の9パターンの反応分類となります。

PFスタディを受けられた方へ

この検査は各場面の特性上、対人場面でのストレスや葛藤にどう対処・対応しやすいかを知ることができるものです。

ストレス場面での自分の傾向を理解し、苦しくならない方法を考えるのに役立てることができますので、決して変な検査ではありませんし、病気を診断するものでもありません

結果をもとに助言されても、「わかるんだけどそれはできない…」という人もいるかもしれません。

その時はそれを自分の課題ととらえ、カウンセラーとそのことについて話を深めていけると良いと思います。

(追記)PFスタディ2020年版

(この部分は追記した部分です。)

なんとPFスタディの成人用が改定されたようです!

  • 以下サクセスベルのWebサイトからの引用

   「PFスタディ成人用第Ⅲ版」「PFスタディ解説(2020年版)」2020年10月14日新発売!
成人用紙は改訂(再標準化)し第Ⅲ版になり、児童・青年用紙もリニューアルしました。

※画像引用元 サクセスベル(http://www.saccess55.co.jp/kobetu/detail/pf.html)

個人的にはかなり使ってみたいです。今は検査をとる立場にないのが残念でならない。。。

使い勝手や切れ味の感想あればぜひ教えていただきたいです。

PFスタディ関連 参考書籍

PーFスタディ解説 2006年版―基本手引 

これがなければ始まらない、所見作成に必須の書籍です。2020年版が出たため、2020年版の図版を使う場合は使用できないと思われますが、2006年版であれば必須です。

PーFスタディ解説 2006年版―基本手引 | 林 勝造 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで林 勝造のPーFスタディ解説 2006年版―基本手引。アマゾンならポイント還元本が多数。林 勝造作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またPーFスタディ解説 2006年版―基本手引もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

P-Fスタディ アセスメント要領(秦 一士)

秦先生はPFスタディ界では有名な先生だと思います。よく名前を見ます。この参考書を持っている同僚も多くいました。スコアリングや解釈のサンプルがあり、役に立つと思います。

P-Fスタディ アセスメント要領 | 秦 一士 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで秦 一士のP-Fスタディ アセスメント要領。アマゾンならポイント還元本が多数。秦 一士作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またP-Fスタディ アセスメント要領もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

攻撃行動とP‐Fスタディ(S. ローゼンツァイク )

PFスタディの作者であるローゼンツァイクの書籍です。私は読んだことがないので内容はわかりませんが、PFスタディは関連書籍自体が少ないため、作者の書籍は貴重だと思われます。

攻撃行動とP‐Fスタディ | ソウル ローゼンツァイク, Rosenzweig, Saul, 一士, 秦 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでソウル ローゼンツァイク, Rosenzweig, Saul, 一士, 秦の攻撃行動とP‐Fスタディ。アマゾンならポイント還元本が多数。ソウル ローゼンツァイク, Rosenzweig, Saul, 一士, 秦作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また攻撃行動とP‐Fスタディもアマゾン配送商品なら...


もし学生さんであれば、AmazonのPrime Studentに加入することをお勧めします!

Prime Studentは月額たった250円でプライム会員とほぼ同等の特典が使えるサービスです。何より無料体験が6ヶ月と長く、完全無料で半年間利用して解約することもできます

文房具・ノートが20%オフになったり、本の購入にポイント還元がつくなど学生には嬉しい特典もあります。

大学生・短大生・大学院生・専門学生の方は、今すぐ利用するすることをお勧めします。

【公式】Prime Studentで6か月間無料体験してみる。

この記事を書いた人
モトセ

30代の心理職です。元会社員で社会人入試組。ITベンチャー→大学→大学院→心理職。SC、精神科クリニック、企業内心理職の経験ありです。twitterでは心理学関係の学会の更新情報をほぼ毎日つぶやいていますので、情報収集に使ってください。

心理検査
スポンサーリンク
神はPsycholoを振るー臨床心理学を応援するブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました