心理検査

田中ビネー式知能検査とは|実施方法・解釈・所見・WISCとの違い

子どもが今度「田中ビネーV」という知能検査を受検することになったけど、どんな検査なのだろう… WISCというのも有名らしいけど、田中ビネーとどこが違うの…

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

  1. 田中ビネーVの適用年齢と実施方法
  2. 田中ビネーVの解釈・所見作成の方法(専門家向け)
  3. 田中ビネーⅤとWISC-Ⅳの違い

 

私は医療機関で田中ビネーVを含め年間100件以上の検査を実施し、結果を説明しております。

実施や解釈の方法に行く前に1分で概要をおさらいしてみます。

田中ビネー式知能検査とは?

もともとビネー式知能検査とは、アルフレッド・ビネー(Alfred Binet)とテオドール・シモン(Theodore Simon)が開発し、ルイス・ターマン(Lewis Madison Terman)などによって修正され、発展した知能検査です。日本ではそれをもとに田中寛一さんが作った「田中ビネー式知能検査」と鈴木治太郎さんが作った「鈴木ビネー式知能検査」があります。

2つのうち一般的なのは「田中ビネー式」です。鈴木ビネーは実施している機関をほとんど聞いたことがありません。精神科病院など昔からの医療機関ではあるのかもしれませんが、クリニックレベルで使っているところを私は知りません。田中ビネーは2005年に最新の改定がなされ、「田中ビネー式知能検査Ⅴ(ファイブ)」となりました。

では、もう少し詳しく解説していきます。

田中ビネー式知能検査Ⅴについて

ここでは最新版である田中ビネー知能検査Ⅴ(田中ビネーⅤ)について記載していきます。

心理検査の実施・解釈には専門的な知識と経験が必要です。検査結果の解釈については、必ず専門家の説明・助言を受けてください。

適用年齢・実施時間・実施頻度

田中ビネーⅤの適用年齢は「2歳~成人」です。ちなみにWISC-Ⅳは5歳0ヶ月~16歳11ヶ月です。

実施時間は児童によります(本当に能力によって違ってきます)。経験としては30分~90分程度です。1度検査を受けた後にもう一度受ける場合、1年以上空けることが推奨されています。

実施機関

児童精神科の医療機関、児童相談所、発達相談機関、私設のカウンセリングオフィスなどで必要に応じて実施しています。

実施方法

田中ビネーⅤでは「年齢級」ごとに複数の問題が設定されています。例えば1歳級(1歳レベルという意味)の問題が12個、2歳級の問題が12個、3歳級が・・・という具合です。

なお、各年齢級の問題は、その年齢の子どもの50~70%が正答できるような問題が選定されています。どの年齢級から検査を始めるかは検査実施者が判断します。5歳児だから5歳級(5歳レベル)から実施する必要はありません。

むしろ、医療機関等を訪れて検査を受けるお子さんの多くは発達の遅れが示唆されるため、生活年齢より低い級(レベル)の問題から始めます。最初から難しい問題をやってしまうと、児童のモチベーションが下がってしまい、やり遂げることができないことがあるためです。

検査を始めたらまず全ての問題を正解できる年齢級を特定していきます。例えば5歳の児童に3歳級から初めて全部終わったとして、1問でも不正解があれば下の年齢級に下がって実施します。つまり、2歳級を全て実施します。そこで2歳級が全問正解できれば、それ以降は下がりません。

その後は全問不正解になる年齢級まで上がりながら実施します。例えば、4歳級で1つでも正解したら5歳級に上がって全部実施、5歳級も1問でも正解したら上がって6歳級を実施という流れです。全問不正解になるまでこれを繰り返します。

結果の整理ではまず「基底年齢」と呼ばれるものを算出します。

これは全問正解できた年齢級+1歳で求めます。つまり、3歳級の問題12個を全て正解し、4歳級の問題で1つでも間違いがあった場合、基底年齢は3+1で4歳となります。なお、全問不正解となった年齢級は「上限年齢」と呼びます。

この基底年齢に対し、基底年齢以上の年齢級の問題で正解した問題数を足していき、「精神年齢」(知能の発達年齢のようなもの)を算出します。

この「精神年齢」を「生活年齢」で割って100を掛けた数値が田中ビネーⅤの知能指数(IQ)となります。

田中ビネーⅤの知能指数(IQ)=精神年齢÷生活年齢×100

※これは2~13歳の児童の場合であり、成人(14歳以上)では精神年齢を算出しないため、知能指数の算出方法が異なります(この記事では触れません)。

例えば生活年齢が5歳0ヶ月(60ヶ月)で、精神年齢が3歳(36ヶ月)であれば、36÷60×100で72となります。

この場合の児童は知的には境界域であると推測されます。知能指数の目安は以下です。

  • 平均:100
  • 健常域:80以上
  • 知的境界域:71~79
  • 軽度知的障害:51~70
  • 中度知的障害:36~50
  • 重度知的障害:21~35
  • 最重度知的障害:20以下

※療育手帳の判定では知能指数の他に社会生活能力を考慮して等級が判定されます。IQの数値のみでは判定されません。

田中ビネーⅤの解釈・所見作成の方法

解釈では主に以下のことを行います。

  1. 当該児童がどの程度の知的水準にいるのか判断
  2. 正解・不正解となった問題の傾向から得意・不得意を判断
  3. 検査時の行動観察から児童の強みや課題を見立てる

 

なお、田中ビネーⅤは検査の記録用紙に行動観察の項目が記されており、丸を付ける形で記入することができます。これはWISCの記録用紙に無い特徴で重宝します。

行動観察では姿勢、検査者の指示がきけるか(意思疎通)、注意集中ができるか、検査中の態度は楽しそうか嫌がっているか、言葉遣いの特徴、間違えたとき正解した時の反応などで、これは検査者の観察力が問われるところです。

所見には上記の3点に加え、その児童の主訴に対してどのようにサポートしていくのが良いか等を記載するでしょう。これはビネーの所見に関わらず、どんな心理検査でも同じかと思います。大切なのは検査の目的や主訴に応じた所見を書くことです。

田中ビネーⅤとWISC-Ⅳの違い

田中ビネーVとWISC4の違いは大きく2点です。

  1. 田中ビネーで評価できる知能は大まかでWISCは細かい
  2. 田中ビネーの方がWISCより難易度が低い問題がある

WISCについて詳細を知りたい方は別記事で書いていますのでご覧ください。

田中ビネーで評価できる知能は大まかでWISCは細かい

大変大雑把な言い方ですみません。

WISCの記事でも書きましたが、WISC-Ⅳ知能検査は「総合力」(全検査IQ)に加え4つの指標得点(能力)を評価できます。具体的には「言語理解」「知覚推理」「ワーキングメモリー」「処理速度」です。この指標得点があるおかげでいわゆる「発達のでこぼこ」と呼ばれるバランスが評価できるわけです。

これに比べて田中ビネーⅤを児童に実施した場合、算出できるのは「総合力」のみです。一応、正解した問題の傾向から強みと弱みを推測することはできるのですが、数値的には表れません。

じゃあ全てのケースでWISCを実施すれば良いではないか?と誰もが思うことでしょう。私もそう思っていました。

そういうわけでもないのです。例えば中度や重度の知的障害となると、得意・不得意がはっきりしている、というよりは、全体的に低くなりやすいです。つまり、バランスを評価する必要性があまりないのです。そのため、知的障害の療育手帳の判定などは田中ビネーを実施することが多いです。

田中ビネーの方がWISCより難易度が低い問題がある

田中ビネーは2歳から実施できますので、対象が5歳からのWISCより難易度が低い問題が用意されています。これがメリットになる場合があります。

例えば、能力を詳しく知りたいのでWISCのオーダーがあった5歳のお子さんがいたとしましょう。

WISC-Ⅳを実施してはみたものの、そのお子さんの知的レベルが思ったより低く、問題の教示が理解できなかったり、粗点が0点ばかりなどの理由で検査を中止せざるを得ない場合があります。その場合、田中ビネーⅤを実施すると最後まで実施でき、知的水準を推定することができる場合があります。

以上田中ビネー知能検査について紹介いたしました。

WISCをはじめ、他にも心理検査の記事がありますので参考にしてみてください。

心理検査

2022/4/3

WISC4解釈のおすすめ本3選【FBに自信ない方向けの本も紹介】

職場でWISC4をとるけどまだいまいち所見が上手に書けない… 検査結果解釈の本(テキスト)で何か良いものないかな… 検査結果のフィードバックも何をどこまで伝えたら良いのだろう… このような疑問にお答えします。   本記事の内容 WISC4の解釈で使えるおすすめ本3選 心理検査のフィードバックに関するおすすめ本2選 WISC5の本はもう出ている?   私は医療機関でWISC4を含め年間100件以上の検査を実施しています。おすすめ本に関しては同僚や先輩に聞いたこともありますので、的は外れて …

ReadMore

心理検査

2022/4/3

【具体例】WISCとWAISの解説|結果解釈の仕方・発達障害との関連・支援方法

この記事では知能検査であるWISCやWAISの結果の見方や発達障害との関連について紹介いたします。 実際に検査を受けられた方に加え、検査実施者として結果をフィードバックする専門家の方にも役立つように書いたつもりですので、ご覧いただけると幸いです。 WISC・WAISとは WISCの正式名称は「Wechsler Intelligence Scale for Children」です。「ウェクスラー式の知能検査子ども版」という意味になります。WAISの正式名称は「Wechsler Adult Intellige ...

ReadMore

心理検査

2022/4/7

YG性格検査(矢田部ギルフォード性格検査)とは|特徴・解釈・因子

YG性格検査(通称「ワイジー」)は心理学における代表的な質問紙法による性格検査の1つです。 以前、「ホンマでっかTV」というTV番組で取り上げられた性格分類の基となっているようで、一時期知名度があがりました。 今回はそんな話題のYGについて解説していきたいと思います。 YG性格検査について まずは基本的な情報を引用します。 ギルフォードの性格検査を矢田部達郎が日本人用に標準化した性格検査であり、日本で最も多く使われている。120項目で12の性格特性を測定する。また、測定結果で5つの類型に分類することも可能 ...

ReadMore

心理検査

2022/4/3

PFスタディの結果解釈【年間100件の所見を書く心理士が解説】

この前病院でPFスタディという心理検査を受けたのだけど、どんなことがわかるんだろう。 この記事ではPFスタディという心理検査について紹介していきます。 1分で紹介 PFスタディとは? 英語名は「Picture Frustration Study」、日本語名は「絵画欲求不満テスト」などと呼ばれています。あまり馴染みがない人もいるかもしれませんが、PFスタディは「投影法」の心理検査です。ローゼンツァイクという人が開発したもので、独自の欲求不満耐性理論というものに基づいています。欲求不満(フラストレーション)と …

ReadMore

心理検査

2022/4/3

【効率化】テストバッテリー組んでも心理検査の所見を効率的に書くための工夫

検査もカウンセリングも予約がぎっしりで所見を書く時間がない。 そんな悩みを抱える心理職の方も多いのではないでしょうか。 以前スーパーバイザーにそんな相談をしたところ「それは病院あるあるなんだよ」と言われたことがあります。そういうもんなんだなと腹をくくりました。 とは言え、所見は可能であれば短時間で効率よく書き上げたいものです。 この記事では私なりの、短時間で検査バッテリーを組んでいる所見を素早く書く工夫を紹介します。ただし私はロールシャッハをほとんどとったことがないのでロールは考慮してません。 主にPF、 ...

ReadMore

心理検査

2022/4/3

バウムテスト(樹木画テスト)の解説:やり方、結果の解釈、幹・実・樹冠等のサインについて

バウムテスト(樹木画テスト)は投影法にあたる性格検査の1つです。 この記事では検査を受けた方が不安にならないために、どのような検査なのかを少し紹介します。 そもそも性格検査には質問紙法と投影法があります。 質問紙法は簡単に言うとアンケートです。1つの刺激文に対して、ほとんど当てはまらない、から、かなり当てはまる、などの数値の選択肢があり、それらを選ぶ検査になります。 一方の投影法は刺激があいまいで多義的であり、求められる反応の自由度が高い心理検査です。反応の自由度が高いため、意図的に回答を歪めることが難し …

ReadMore

心理検査

2022/4/3

【簡単】WISC検査のIQの平均値とは?【小学生も中学生も同じ】

子どもがWISC4という検査を受けてIQを数値だけメモしてきたけど、平均ってどれくらいなの?数値の基準がわからない… 小学生と中学生で違うのかしら… 低いと発達障害なのか心配… こうった疑問にお答えします。 本記事の内容 WISCのIQの平均値 どこからが高い、低いと言えるのか(数値の基準) 知的障害、発達障害のIQはいくつなのか   私は医療機関でWISCやWAISなどの知能検査を実施し、年間100件以上の検査結果を説明している身です。できるだけわかりやすく解説していきたいと思います。 WIS ...

ReadMore

心理検査

2022/4/5

ロールシャッハテストでわかること【無料サイトに信頼性がない2つの理由】

最近ではgoogleがトップページで特集したり、無料でそれっぽい結果がわかるサイトがあるなど話題のロールシャッハテスト。

実際に受けたことがあるという方もおられるのではないでしょうか。

この記事はロールシャッハテストを受けた人や興味を持った人が、なるべく誤解なくどんな検査かを知るために書きました。

ReadMore

心理検査

2022/4/5

MPI(モーズレイ性格検査)の実施・解釈の概要

MPIって聞いたことあるけど、どんな心理検査だったっけ… この記事では性格検査の1つであるMPIを紹介します。資格試験や大学院入試の勉強などの復習にお役立てください。 MPI(モーズレイ性格検査) 200字説明で有名な大学院入試の鉄板のテキストから基本的な情報を引用します。 アイゼンクが開発した質問紙法の性格検査である。モーズレイは病院名である。80項目を3件法で行い、情緒安定性である「神経症傾向」と社会性である「外向性-内向性」の2つの性格特性を測定する。回答の歪みを判断する虚偽尺度がある。(臨床心理士 …

ReadMore

心理検査

2022/4/7

【最新】WISC5の結果の見方と解釈【WISC4からの変更点】

今度子どもが病院でWISC5(ウィスクファイブ)という知能検査を受けることになったのだけどどんな検査なのだろう…何がわかるのかしら… 何年か前に子どもがWISC4(ウィスクフォー)という発達検査をしたけど、今回はWISC5をやったと説明された…。視空間とか流動性推理とか名前が難しくて説明がよくわからなかった…。WISC5になってIQが下がることってあったりするのかな… こういった疑問にお答えします。 本記事の内容 WISC5の検査内容、WISC4からの主な変更点 WISC5の結果の見方を5つの指標得点ごと ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

モトセ

精神科・児童精神科クリニックの心理職です。他には学校、企業内で心理的支援の経験があります。最近は不登校支援に力を入れています。2022年4月にブログをリニューアルしました。お気に入りやtwitterフォローお待ちしています。

-心理検査
-