家族のライフサイクル

eye catch image 家族心理学
スポンサーリンク

人間に発達課題があるように,家族も発達していくものであるとし、発達段階や課題が提唱されたものが,家族ライフサイクルです。


これは一般的な家族が共通して経験するもので、ある程度は予測可能なものだと言われています。

課題に適切に対処できない場合,特定のメンバーの問題行動につながったり、関係性が悪化する危険がありますが、適切に対処できた場合、関係性が親密になったり,家族として成長につながる可能性もあります。

では実際にその段階と課題を見ていきましょう。


■家族のライフサイクル


1・家からの巣立ち(独身の若い成人期)

課題:源家族からの自己分化


2.結婚による両家族の結合

課題:夫婦システムの形成。実家の親との付き合い。子どもを持つ決心。


3.子どもの出生から末子の小学校入学までの時期

課題:親役割への対応。養育のための基盤づくり。実家との新しい関係の確立。
手間がかかる時期


4.子どもが小学校に通う時期

課題:子どもを含んだシステムの再調整。成員の個性化
子どもにとっては体験する世界が広がる時期


5.思春期・青年期の子どものいる時期

課題:柔軟な家族境界。祖父母世代の世話
仮に30歳で第一子をもうけたとして,44歳くらいの年齢。これは中間管理職くらいにはなっているころで,なかなかのストレス下にあるといって良く,親にとってもつらい時期です。


6.子どもの巣立ちとそれに続く時期・家族の回復期(夫婦のつながりの確認の時期)

課題:夫婦システムの再編成。成人した子どもとの関係。祖父母世代の老化・死への対処


7.老年期の家族の時期:家族の交替期

課題:第2世代に中心的な役割を譲渡
決定権・主導権交代の時期だと言われています。


発達段階の移行期は,これまでの安定が壊れて別の安定状態を探す時期なので,危険と機会が隣り合う発展上の危機になります。


以前書きましたが,健康な家族は変化に対して調整して対処できる家族なので,その為の知識として,こんな段階や課題があるのだなと、準備の手助けになればと思います。
家族の調整気になった方は以下の記事をご覧ください。

親密性への恐怖と親密さのダンス -親密性2-
カップルが親密になるために生じる調整過程についてです。

子供をもつ前にできると良い3つのこと -子どもをもつ1-
こちらは子供を持つ時にできると良い調整の話です。



読んで良かったと思ったらシェアをお願いします!



もし学生さんであれば、AmazonのPrime Studentに加入することをお勧めします!

Prime Studentは月額たった250円でプライム会員とほぼ同等の特典が使えるサービスです。何より無料体験が6ヶ月と長く、完全無料で半年間利用して解約することもできます

文房具・ノートが20%オフになったり、本の購入にポイント還元がつくなど学生には嬉しい特典もあります。

大学生・短大生・大学院生・専門学生の方は、今すぐ利用するすることをお勧めします。

この記事を書いた人
モトセ

30代の心理職です。元会社員で社会人入試組。ITベンチャー→大学→大学院→心理職。SC、精神科クリニック、企業内心理職の経験ありです。twitterでは心理学関係の学会の更新情報をつぶやいていますので、情報収集に使ってください。

家族心理学
スポンサーリンク
神はPsycholoを振るー臨床心理学を応援するブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました