心理検査

TATってどんな心理検査? 実施・解釈方法の概要を解説

TATってどんな心理検査だったっけ… 授業ではならったけど実際につかったことはないし、書籍にもあまり書いていない…

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

  1. TATってどんな心理検査?
  2. TATの分析・解釈方法
  3. TATを学ぶためのテキスト

 

この記事ではTAT(Thematic Apperception Test)の実施方法や分析・解釈方法の概要を書いています。実は私はTATを学生時代の授業でしかとったことがありません。就職した後もTATをとっている学生時代の同期や先輩を見たことがありません。現場ではマイナーな検査だと思われます。

そのため、一般的な知識ベースの話と、学生時代に授業で模擬的に実施した時の体験談を書いていきますので、参考程度に読んでいただければと思います。

心理検査の実施・解釈には専門的な知識と経験が必要です。検査結果の解釈については、必ず専門家の説明・助言を受けてください。

TATってどんな心理検査?

TAT(Thematic Apperception Test)は日本名を「主題統覚検査」と言います。

(この名前の時点でかなりわかりづらい印象を持つのは私だけでしょうか)

TATはモーガンとマレーによって開発されたパーソナリティを評価するための「投影法」の心理検査で、マレーの「欲求―圧力理論」に基づいて作成されました。

「主題」とは、個人のこうしたいという欲求と環境が個人に与える外的な圧力(何らかの障害)の構造のことを言い、「統覚」とは個人が知覚したものを意味づける心の働きを言います。

「欲求―圧力理論」とは、その人が統合的に知覚(統覚)して語った物語には共通の「主題」があり、それを分析すればパーソナリティが明らかになるという考えを意味しているようです。

TATの実施方法

TATの実施方法を簡単に言うと次のようになります。

道具:様々な場面が描かれた絵(全部で31枚あるが、実際は10数枚選択して実施)
方法:その絵を被験者に見せ、自由に物語を作って話してもらい、その内容や語り方を分析・解釈する。

図版はさまざまな受け取り方ができる場面が描かれた計31枚です。多くは人が何かしているものですが、人が描かれていない図版もあります。

図版の中には少年用(B)、少女用(G)、成人男性用(M)、成人女性用(F)に分けられているものがあります。例えば3図版目は3BM(つまり男性用)と3GF(女性用)に分かれています。それらの合計で31枚ということです。

これらを1から全て使う必要はなく、あらかじめ入手してあるその人の状況をふまえ、この人にはこれ、とピックアップして実施していくことになるようです。

なぜピックアップするかというと、図版によって投影されるものが異なるからです。家族関係について情報を得たい場合、それに適した図版というものがTATにはあります。そのように適したものを使用するわけです。

また、TATには「子供用のCAT」と「高齢者用のSAT」というものもあります。私はCATもSATも見たことはありません。

TATの教示方法

最低限必要な教示は「絵を見て、その絵から思い浮かぶ物語を作って話してください」というものです。また、検査を受ける人に合わせて様々に変えて伝えて良いそうです。

以下は私が学んだ時のテキストから引用です(一例としてお考えください)。

「これからあなたに色々な人や景色の書かれた絵を見せます。この絵を見て思い浮かぶ物語を作って、私に話してください。この絵の中の人は今何を感じ、どうしているのか、この絵の前にはどんなことがあって、この絵の後にはどうなっていくのか、話の筋を付けて話してください。

だいたい5分くらいで話せる短いものでいいです。あなたの話すことを私がこの紙に書いて行きますので、書ける早さで話してください。

絵は13枚くらいあります。1枚づつ渡していきますから、1枚に1つづつお話しを話してください。」

※「TATアナリシス―生きた人格診断」より

その後、1枚渡しては物語を作って話してもらい、検査者が書き留める、を繰り返します。

TATの分析・解釈方法

語られた内容や語り方(形式)を検査者が解釈します。

実はTATには原法があり、そこでは第一系列と第二系列という2回に分けて実施する方法がとられていました。また、欲求と圧力の程度を得点化もしていました。

しかし複雑で時間がかかることや、そうやって出した結果が直観的な解釈と変わらないことがわかり、現在では原法でやっている人は恐らくいないと思われます。

その後、TATの分析・解釈法についてはさまざまなスコア化の試みが提案・実践されていますが、未だ体系化はされていない現状があります。

バウムテスト等、他の投影法と同様に内容分析、形式分析、力動的分析などの方法で解釈されているようです。

TATを授業でやった感想

ここからは私が授業で同期のTATをとった時の感想を書きます。

・めちゃくちゃ時間がかかる

物語ってもらって逐語で書き留めるのは大変時間がかかります。もちろんその時は必要な全ての図版を使ったので時間がかかったのもありますが、想像力豊かな人にとったらなかなかの苦労になることでしょう。

・手がつかれる

すべて記録しなければいけないのでかなり手が疲れたのを覚えています。

・解釈が難しく時間がかかる

どの図版では何が投影されやすいかというのはある程度テキストに書いてあったのですが、図版の枚数も多いため、主題を見出すのが難しかったです。

受講者全員で検討していたのでそういう解釈もあるのか、と納得しながら進めていましたが、1人でやったら非常に大変だったと思います。

・自分が物語った逐語をみると、その時の精神状態を反映しているような気はする

自分の逐語を見せてもらったのですが、自分で見ればその時の精神状態を反映していたような気はします。

なので性格検査としてではなく、カウンセリング中で扱う方が内省が深まるなど治療的な効果があると感じました。

TATを学ぶためのテキスト

授業で使用していた参考書を記載します。金額が高い者も多いですが、図書館で借りれることもあると思いますので参考までに。

・実施法や解釈など様々な面で参考になる。

・図版ごとの解釈の仕方が書かれている。

何かしら学びのとっかかりになれば幸いです。

他にも心理検査についての記事がありますのでぜひご覧ください。

心理検査

2022/4/5

MPI(モーズレイ性格検査)の実施・解釈の概要

MPIって聞いたことあるけど、どんな心理検査だったっけ… この記事では性格検査の1つであるMPIを紹介します。資格試験や大学院入試の勉強などの復習にお役立てください。 MPI(モーズレイ性格検査) 200字説明で有名な大学院入試の鉄板のテキストから基本的な情報を引用します。 アイゼンクが開発した質問紙法の性格検査である。モーズレイは病院名である。80項目を3件法で行い、情緒安定性である「神経症傾向」と社会性である「外向性-内向性」の2つの性格特性を測定する。回答の歪みを判断する虚偽尺度がある。(臨床心理士 ...

ReadMore

sct

心理検査

2022/4/3

SCT検査(文章完成法)の解釈方法【書けない時の回答例は?】

この前病院でSCT(文章完成法)という心理検査を受けたのだけど、どんなことがわかるんだろう。思いつかないところもあったけど大丈夫かな? 回答例とかあるのかな? このような疑問にお答えします。 この記事の内容 SCTはどんな検査で何がわかる? SCTの解釈方法 回答例はあるのか、書けないときはどうすれば良いか   私は医療機関でSCTを含め年間100件以上の検査結果を実施・解釈してお伝えしていますので、的は外れていないと思います。 では解説していきます。 SCTはどんな検査で何がわかる? SCT( …

ReadMore

心理検査

2022/4/3

WISC4解釈のおすすめ本3選【FBに自信ない方向けの本も紹介】

職場でWISC4をとるけどまだいまいち所見が上手に書けない… 検査結果解釈の本(テキスト)で何か良いものないかな… 検査結果のフィードバックも何をどこまで伝えたら良いのだろう… このような疑問にお答えします。   本記事の内容 WISC4の解釈で使えるおすすめ本3選 心理検査のフィードバックに関するおすすめ本2選 WISC5の本はもう出ている?   私は医療機関でWISC4を含め年間100件以上の検査を実施しています。おすすめ本に関しては同僚や先輩に聞いたこともありますので、的は外れて …

ReadMore

心理検査

2022/5/30

【最新】WISC5の結果の見方と解釈【WISC4からの変更点】

今度子どもが病院でWISC5(ウィスクファイブ)という知能検査を受けることになったのだけどどんな検査なのだろう…何がわかるのかしら… 何年か前に子どもがWISC4(ウィスクフォー)という発達検査をしたけど、今回はWISC5をやったと説明された…。視空間とか流動性推理とか名前が難しくて説明がよくわからなかった…。WISC5になってIQが下がることってあったりするのかな… こういった疑問にお答えします。 本記事の内容 WISC5の検査内容、WISC4からの主な変更点 WISC5の結果の見方を5つの指標得点ごと …

ReadMore

心理検査

2022/4/3

【簡単】エゴグラム(TEG3)の結果の見方解説【パターンの解釈は不要】

エゴグラムの結果はどう解釈したらいいのだろう…W型とかN型とかあるけど特徴がいまいちわからないし、似たような解説サイトが多くてどれを見たらよいかわからない。 こういった疑問について解説していきます。 本記事の内容 エゴグラムの結果は5つの自我状態の高低だけでわかる エゴグラムのパターン解釈が不要な3つの理由 性格を変えるためのヒント   エゴグラム(TEG3)は質問紙法の性格検査の中でもかなり簡単に作られています。CP、NP、A、AC、FCの5つの自我状態の知識さえあれば、専門家でなくても結果を …

ReadMore

心理検査

2022/4/3

【具体例】WISCとWAISの解説|結果解釈の仕方・発達障害との関連・支援方法

この記事では知能検査であるWISCやWAISの結果の見方や発達障害との関連について紹介いたします。 実際に検査を受けられた方に加え、検査実施者として結果をフィードバックする専門家の方にも役立つように書いたつもりですので、ご覧いただけると幸いです。 WISC・WAISとは WISCの正式名称は「Wechsler Intelligence Scale for Children」です。「ウェクスラー式の知能検査子ども版」という意味になります。WAISの正式名称は「Wechsler Adult Intellige …

ReadMore

心理検査

2022/4/4

力動的ってどういう意味? パーソナリティの精神分析的理解

臨床心理学を学んでいて力動的という言葉をよく聞くけど具体的にどういう意味なのか理解しきれない… 力ってついているけど、なんのことなのだろう… こういった疑問にお答えします。 本記事の内容 力動的ってどういう意味? 心理検査所見作成の「基本の基」 「力」と「動」のくわしい解説 力動的な理解に重要な「自我」の機能とは   私は医療機関で年間100件以上の心理検査を実施し、結果をお伝えしている身です。投影法の心理検査も多く実施しており、力動的な視点で検査を解釈することもあります。 そんな私が解説してい …

ReadMore

心理検査

2022/4/3

バウムテスト(樹木画テスト)の解説:やり方、結果の解釈、幹・実・樹冠等のサインについて

バウムテスト(樹木画テスト)は投影法にあたる性格検査の1つです。 この記事では検査を受けた方が不安にならないために、どのような検査なのかを少し紹介します。 そもそも性格検査には質問紙法と投影法があります。 質問紙法は簡単に言うとアンケートです。1つの刺激文に対して、ほとんど当てはまらない、から、かなり当てはまる、などの数値の選択肢があり、それらを選ぶ検査になります。 一方の投影法は刺激があいまいで多義的であり、求められる反応の自由度が高い心理検査です。反応の自由度が高いため、意図的に回答を歪めることが難し …

ReadMore

心理検査

2022/4/5

ロールシャッハテストでわかること【無料サイトに信頼性がない2つの理由】

最近ではgoogleがトップページで特集したり、無料でそれっぽい結果がわかるサイトがあるなど話題のロールシャッハテスト。

実際に受けたことがあるという方もおられるのではないでしょうか。

この記事はロールシャッハテストを受けた人や興味を持った人が、なるべく誤解なくどんな検査かを知るために書きました。

ReadMore

心理検査

2022/4/3

PFスタディの結果解釈【年間100件の所見を書く心理士が解説】

この前病院でPFスタディという心理検査を受けたのだけど、どんなことがわかるんだろう。 この記事ではPFスタディという心理検査について紹介していきます。 1分で紹介 PFスタディとは? 英語名は「Picture Frustration Study」、日本語名は「絵画欲求不満テスト」などと呼ばれています。あまり馴染みがない人もいるかもしれませんが、PFスタディは「投影法」の心理検査です。ローゼンツァイクという人が開発したもので、独自の欲求不満耐性理論というものに基づいています。欲求不満(フラストレーション)と …

ReadMore

  • この記事を書いた人

モトセ

精神科・児童精神科クリニックの心理職です。他には学校、企業内で心理的支援の経験があります。最近は不登校支援に力を入れています。2022年4月にブログをリニューアルしました。お気に入りやtwitterフォローお待ちしています。

-心理検査
-