CPの就職・転職活動

臨床心理士・公認心理師の就職・転職活動で使えるサイト6選

そろそろ大学院も卒業だけど、就職が決まらないわ…

心理職は専門職だから就活の情報も少なくて大変だよね。

そうなの。先輩や先生の紹介で決まってる人も多いけど、私はそういうのなくて…

心配しないで。新卒の求人も載っているサイトがあるから、調べてみるといい。僕の仲間もWebで検索して見つけた人もいるから、一般的な大学生と同じようにWebで探すのは普通のことだよ。

よかったー。探してみるね!


皆さんこんにちは。元SEカウンセラーのモトセです。

心理職の就職活動は求人数も少なく、なかなか難しいところがあると思います。

私は諸事情あってコネといった紹介が難しく、もっぱらネットの検索で探していました。

この記事ではその時に使用した使えるWebサイトを紹介したいと思います。

転職の際も同様に使えます。

心理職の就職・転職活動で使えるサイト6選

Indeed

仕事探しはIndeed♪とCMもやっているので知っている人も多いと思います。

Indeedは心理職の就職活動でも非常に使えるサイトです。

私も新卒時も転職時も主にここで検索していました。

https://www.indeed.jp

元々は海外の企業のようですが、日本のサイトはリクルートの子会社のようです。
※会社概要参照

ハローワークの求人、民間企業や病院、官公庁など幅広く、何でもあるイメージです。

就活サイトのなかでは最も求人数が多いと思われます。

都道府県での絞り込み可能なのも良いです。

私は新しい求人が出たらメールが届くように設定し、最新情報をいち早く入手するようにしていました。

サイラボ(PSYlabo)

http://www.psylabo.com/?cat=8

求人以外にも学会や研修会の情報など、心理学の総合的な情報サイト。

恐らく8番目のカテゴリーをたまたま求人にあてたのだと思います。

勤務地以外に「資格の有無」、「常勤」、「領域・分野」を指定して検索できます。

昨年度の求人といった締め切ったものも検索結果に出てしまうことがあるのが難点です。

ハローワーク求人情報

https://www.hellowork.careers/%E8%87%A8%E5%BA%8A%E5%BF%83%E7%90%86%E5%A3%AB%E9%96%A2%E9%80%A3%E3%81%AE%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E6%B1%82%E4%BA%BA

ハローワークの求人のみが貼ってある様子。

indeedと対して変わりません。というかインターフェースがかなり似ています。

株式会社アンティークという大阪の会社が運営しているみたいです。

カウンセラージャパン

http://www.counselorjapan.com/

臨床心理士、社会福祉士、精神保健福祉士に特化した求人サイト。

チェックボックスでそれら資格を検索可。

勤務地を地図をクリックで検索条件に加えることができ、使いやすいです。

臨床心理士の求人数はそこまで多くはないです。

一覧がシンプルで見やすいのですが、「相談員」のようにシンプルすぎて内容が直観的にわからないものもあります。

グッピー

http://www.guppy.jp/

医療介護系の職種を扱う求人サイト。

TOPページには35種類の仕事のボタンがあります。

臨床心理士の求人もありますが、他のサイトに比べると求人数は少なめです。

一応、学生むけの新卒求人ページが存在しますが、臨床心理士のボタンがないので役に立ちません。

ジョブメドレー

https://job-medley.com/cp/

医療系全般を扱う求人サイトだが、臨床心理士の求人数は少ない。

番外編

・honne.biz

http://honne.biz/job/q1091/

実際に働いている臨床心理士が自分のプロフィールを投稿するサイト。

年齢、性別、年収、仕事内容、職業の長所と短所などが記載されている。

実際、臨床心理士の現状を知るためにかなり役に立つサイトです。

キャリアガーデン 臨床心理士の仕事

臨床心理士の全てが書いてあるのではないかと言うくらい様々なことが書いてあるサイト。

一般の人ではなくちゃんとした人が書いているようで、文章がプロっぽいです。

相当な情報量なので、臨床心理士のことを知りたい人にはかなり参考になります。

行きたい職場のホームページの求人情報

これはほぼ裏技に近いのですが、企業や病院でもIndeedなどに求人を出さず、企業や病院自体のホームページに求人情報を載せている場合があります。

小まめに目を付けたホームページの求人情報をチェックしておくと、心理職の募集があるかもしれません。


いかがでしたでしょうか、皆さんの就職活動に役立つことを願っています。

使えると思ったらお気に入りに追加、SNSでの拡散お願いいたします。

  • この記事を書いた人

モトセ

精神科・児童精神科クリニックの心理職です。他には学校、企業内で心理的支援の経験があります。最近は不登校支援に力を入れています。2022年4月にブログをリニューアルしました。お気に入りやtwitterフォローお待ちしています。

-CPの就職・転職活動