新婚夫婦に関するデータまとめ -新婚1-

eye catch image 家族心理学
スポンサーリンク

今回は夫婦に関わるデータの記事です。


データを知っていると対象のカップルがどれほど平均から逸脱しているか、もしくは逸脱しているかと思ったら平均だったといった事がわかるため、有名なところは押さえておくと有益だと思います。


というわけで、今回からは家族の誕生である新婚に焦点を当て、そのデータを調べてみたいと思います。



・平均婚姻年齢

2012(平成24)年で、夫が30.8歳、妻が 29.2歳となっており、1980(昭和55)年(夫が27.8歳、妻が25.2歳)からの約30年 間に、夫は3.0歳、妻は4.0歳、平均初婚年齢が上昇している。

また、1950(昭和25) 年と比較すると、夫は4.9歳、妻は6.2歳、平均初婚年齢が上昇している。
年々上がっている。
(2013年度厚生労働白書)


・未婚率

30代前半の男性の46.5%、女性の33.3%が未婚となっている。


・第1子出産時の年齢

第1子が30.3歳、第2 子が32.1歳、第3子が33.3歳であり、1980年と比較すると、それぞれ3.9歳、 3.4歳、2.7歳上昇している。
1950年との比較では、それぞれ5.9歳、5.4歳、3.9歳上昇 している。
(2013年度厚生労働白書)


・合計特殊出生率(女性が生涯に何人子どもを産むか)

1.39人(2011年度統計)。
また、2050年の仮定値は1.26であると言われている。

精神国の中では最低ランク。
ちなみにフランスなどではすでに上昇に転じていることを踏まえると、日本の若い世代が親になることに消極的であり、今後もその傾向に改善が認められない可能性がうかがえる。



他にも調べたら更新していきます。
まだ少なくて、すいません。



もし学生さんであれば、AmazonのPrime Studentに加入することをお勧めします!

Prime Studentは月額たった250円でプライム会員とほぼ同等の特典が使えるサービスです。何より無料体験が6ヶ月と長く、完全無料で半年間利用して解約することもできます

文房具・ノートが20%オフになったり、本の購入にポイント還元がつくなど学生には嬉しい特典もあります。

大学生・短大生・大学院生・専門学生の方は、今すぐ利用するすることをお勧めします。

この記事を書いた人
モトセ

30代の心理職です。元会社員で社会人入試組。ITベンチャー→大学→大学院→心理職。SC、精神科クリニック、企業内心理職の経験ありです。twitterでは心理学関係の学会の更新情報をつぶやいていますので、情報収集に使ってください。

家族心理学
スポンサーリンク
神はPsycholoを振るー臨床心理学を応援するブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました