なぜ年上がもてるのか? -年下でも年上を落とすたった1つの方法-

eye catch image 恋愛心理学
スポンサーリンク

みなさんは付き合うとしたら年上と年下どちらがいいですか?



恋愛に年齢は関係ない!



確かにそれも答えの一つだと思います。


しかし現実はどちらかと言えば、年上の方がモテる気がします。


調べたわけではないです。あくまで経験的にです。


今回は “なぜ年上が魅力的に見えるのか” について書いていきます。


ちなみに、ここではあくまでも心理学的に説明しようとしているので、金を持っているから! といった物理的な理由は申し訳ありませんが棚に上げています。


年上は確かに魅力的です。


しかし、年上を好きになってしまっている年下のみなさん。


あきらめないで!!


年上が好かれるメカニズムを知ってしまえば、年なんて関係なくなります。


しっかりと理解していきましょう。




■ なぜ年下ではダメなのか

先に結論から言うと、若い人は自分のことで一杯一杯のため、相手に使える心的エネルギーが少ないがゆえに、年上と比べて頼りないから、です。

これを詳しく理解するにはまず、心理力動的という言葉を知る必要があります。


・心理力動とは

これは精神力動とも呼ばれるもので、精神分析という分野で使われる言葉です。


小難しい話はしません。


ようは心のエネルギーの動き方です。


このエネルギーをどこにどれだけ使っているか、これが重要になってきます。


年上がモテると言われるのは、アイデンティティを確立できていない青年と、ある程度確立した成人では、心のエネルギーの使い方が異なるからです。
アイデンティティについて詳しく知りたい人は、アイデンティティとは何なのかを読んでみてください。


・青年と成人の心理力動の違い

ここでは仮に、人がその時に使える心的エネルギーを最大10としましょう。


ある程度成熟した成人の場合、自分のアイデンティティの問題にあまりエネルギーを使う必要がなく、そのエネルギーを恋人や子どものために、愛情として使うことができます。


つまり自分に2、あいてに8くらいの配分です。


反対に、アイデンティティが定まっていない青年の場合、自分のことで頭が一杯のため、この配分が逆になります。


つまり自分に8、相手に2くらいの配分です。


ここで青年同士が付き合うと、エネルギーの配分はこんな感じになります

idvsid
[ 青年と青年の心理力動 ]


アイデンティティのための恋愛のような青年期的恋愛の場合、相手からの賞賛が欲しいから恋愛をします。アイデンティティのための恋愛はこちら(恋人をステータスにする心理 -アイデンティティのための恋愛-)を参照。


だとすればお分かりの通り、相手から2にしかもらえないのに満足できるはずがありません。


たかだか2程度もらったくらいでは、ぜんっぜん!足りないのです。


そこいくと相手がアイデンティティを確立した成年であれば、自分に余裕があり、多くを与えてくれます。


そうこれが、大人の余裕。


どちらが魅力的かは明白です。

idvsold 
[ 青年と成人の心理力動 ]



しかし、現実には若い子同士うまくやってる人もいるし、年下のひたむきでまっすぐな気持ち、がんばりに心打たれることもあるでしょう。


確かにそういうパターンもあります。


しかし個人的な感覚ですが、それは少数な気がします。


では年上に恋してしまった場合どうしたらいいのでしょうか。



■ 対等な恋愛のためにすべきこと


・相手を思いつつ、アイデンティティ統合の努力をする


そもそも自分のことで一杯一杯という状況が、相手へ与えることのできるエネルギーを減らしています。


自分の問題に取り組むことが先決です。


アイデンティティ統合のために何をすべきかはこちらを参照してください。
自分探しで自分は見つかるのか-なぜ迷うのか


・”年上だから”を理由に好きになるのをやめる


年上だから好き、年上ばかり好きになるという事実は、自分は与えて欲しくてたまらない未熟な人だと言っているともとれます。


本当に好きになった人がたまたま年上だった、くらいなら大丈夫でしょう。


しかしいつも年上を好きになり、しかも毎回失敗しているとなると、少し考えることも必要かもしれません。


■ まとめ

心理力動についてイメージできたでしょうか?


成人が魅力的なのは、相手に与えることができるエネルギーが多いからです。


逆を言えば、若くとも、相手に与えることができる人は魅力的です。
確かにそういう人はいる気がします。早熟というか。


今回の内容はあくまでも心理学(発達心理学・青年心理学)的に年上が魅力的な理由を説明していきました。
現実にはもっといろいろなことが関係しつつ、それぞれの恋愛があると思います。


この情報が少しでも役にたてば嬉しいです。


参考
・アイデンティティのための恋愛
恋人をステータスにする心理 -アイデンティティのための恋愛-



・アイデンティティ統合のために
自分探しで自分は見つかるのか-なぜ迷うのか


読んで良かったと思ったらシェアをお願いします!



もし学生さんであれば、AmazonのPrime Studentに加入することをお勧めします!

Prime Studentは月額たった250円でプライム会員とほぼ同等の特典が使えるサービスです。何より無料体験が6ヶ月と長く、完全無料で半年間利用して解約することもできます

文房具・ノートが20%オフになったり、本の購入にポイント還元がつくなど学生には嬉しい特典もあります。

大学生・短大生・大学院生・専門学生の方は、今すぐ利用するすることをお勧めします。

この記事を書いた人
モトセ

30代の心理職です。元会社員で社会人入試組。ITベンチャー→大学→大学院→心理職。SC、精神科クリニック、企業内心理職の経験ありです。twitterでは心理学関係の学会の更新情報をつぶやいていますので、情報収集に使ってください。

恋愛心理学
スポンサーリンク
神はPsycholoを振るー臨床心理学を応援するブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました