心の現実 -正常と異常1-

eye catch image 性格心理学
スポンサーリンク

今回から2回にわたって性格の正常と異常の話を書きたいと思います。(人格障害の話ではないです)
なんだか重そうですけど、軽い気持ちで見てください

■心の「現実」

実際には「あの服知っている」、「たまたま目が合った」ようなことが原因で他者の視線にさらされた時、自分は”馬鹿にされている”、”変な人と思われている”ということを思ったことはありますでしょうか?
このように実際の現実ではなく、心の中で現実を持って抱かれる信念やイメージのことを【心的現実】といいます。

一人ひとりの中にはそれぞれの心的現実がありますが、中には、はたから見たら異常ととられるものもあります。やばい妄想みたいな感じですかね。ちなみにそのような心的現実を抱いている人に、物理的な現実を押し付けても変わることは少ないです。

言い換えれば現実は1つではないということでもあります。

■異常とは何なのか
異常とは、その人の中に心的現実と、物的現実とがかけ離れてしまっている状態のことをいいます。
ストーカーの心理でいえば、”対象は自分を好いてくれているから後をつけていい”となれば、それは現実との乖離が激しいため異常といえます。
異常な心理が悪い行動に表れれば問題ですが、良い方に転がる場合もあります。それが創造性です。

心的現実を表に出してみたものが、創造性に関わっているのともいわれ、そこを掘り下げるうちに普遍的なものが見つかったりすることもあるようです。

■ルイス・ウェイン
ルイス・ウェインは猫を対象とした作品で有名なイギリスの画家です。彼は晩年統合失調症を発症し、その悪化に伴い画風も変わっていきました。彼の絵からは心的現実が変化していく様子を見ることができます。

・第一段階
Gato1.jpg

・第二段階
Gato2.jpg

・第三段階
Gato3.jpg

・第四段階
Pcat4.jpg

・第五段階
Pcat5.jpg


第五段階までいくと抽象的すぎて猫なのかすらわかんないですね。それほど彼がの心的現実が変わっていったということでしょうか。次回は創造的パーソナリティの続きです。



もし学生さんであれば、AmazonのPrime Studentに加入することをお勧めします!

Prime Studentは月額たった250円でプライム会員とほぼ同等の特典が使えるサービスです。何より無料体験が6ヶ月と長く、完全無料で半年間利用して解約することもできます

文房具・ノートが20%オフになったり、本の購入にポイント還元がつくなど学生には嬉しい特典もあります。

大学生・短大生・大学院生・専門学生の方は、今すぐ利用するすることをお勧めします。

【公式】Prime Studentで6か月間無料体験してみる。

この記事を書いた人
モトセ

30代の心理職です。元会社員で社会人入試組。ITベンチャー→大学→大学院→心理職。SC、精神科クリニック、企業内心理職の経験ありです。twitterでは心理学関係の学会の更新情報をほぼ毎日つぶやいていますので、情報収集に使ってください。

性格心理学
スポンサーリンク
神はPsycholoを振るー臨床心理学を応援するブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました