心理検査

ロールシャッハテストでわかること【無料サイトに信頼性がない2つの理由】

この前病院でロールシャッハテストという検査を受けたけど、いったいどんなことがわかるの検査なのだろう。

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

  1. ロールシャッハテストの内容とわかること
  2. 無料でロールシャッハテストができるサイトの信頼性

 

以前にgoogleがトップページで特集していたこともあったロールシャッハテストですが、一見なにをしているのかわかりづらいため、受検されて不安になった方も多いかと思います。

結論から言えばロールシャッハテストは変な検査ではありません。心理検査の中でも投影法の代表中の代表です。では、概要をお伝えします。

ロールシャッハテストの内容とわかること

ロールシャッハテストは投影法の性格検査です。受検者の方には左右対称のインクの染みが描かれた図版を見てもらい、何に見えるかを答えてもらいます。図版は全部で10枚あります。

テストのプロセス

①自由反応段階
図版が何に見えるのか自由に答えてもらう段階。

②質問段階
各図版で見えたものが、どのような所からそう見えたのか質問して明らかにする段階。

このような2段構えで行います。1時間で終わる人も中にはいるかもしれませんが、2時間以上かかる人もいます。

何がわかるのか

ロールシャッハテストでわかることの例としては以下です(包括システムという解釈方法の場合です)。

  • 感情
  • 統制力とストレス耐性
  • 認知的媒介
  • 思考
  • 情報処理過程
  • 対人知覚
  • 自己知覚
  • 状況関連ストレス

例えば、対人知覚は他者をどのように見ているかと言う指標で、否定的に見ているとか肯定的に見ているとか、そういうことなどが含まれます。

心理職はこれらをそれぞれ解釈し、最終的にまとめ、それを受検者にフィードバックするような形になります。

心理検査の実施・解釈には専門的な知識と経験が必要です。検査結果の解釈については、必ず専門家の説明・助言を受けてください。

インクのしみを見て何がわかるのか

「しみが何に見えるか」なんかで性格がわかるの?と思われる方も多いでしょう。

イメージしづらいかもしれませんが、「インクのしみ」を「現実のある場面」と置き換えてもう一度考えてみてください。図版に対する反応は現実場面におけるその人の反応の仕方を再現するようなところがあります。

例えば、細部に着目するのかそれとも全体を見て判断するのか、他の多くの人が答えることと同じようなことを言うのかそれともユニークなものを見つけるのか、そういったことが図版に対する反応からわかります。

それは現実における振る舞いや考え方、感じ方の傾向と似てくるので、そこから性格傾向を推測するのがロールシャッハテストの特徴です。

変なテストではない

ロールシャッハテストは性格検査なので、これをやってくれとお医者さんに言われたから特定の病気というわけではありません。

性格傾向を知り、治療を行う上での方向性や気を付けるべき点などをあらかじめ知るために実施するものです。

信頼性が低いとの噂があるが本当?

これに関しては様々な議論があるので詳しくは書籍などをご参照ください。

ただし、学んだ身としての感想ですが、包括システム(エクスナー法)による解釈は過去の大量のサンプルを分析した結果に基づいており、解釈に主観が入る要素はとても少ない気がします。

無料でロールシャッハテストができるサイトの信頼性

結論から言えば無料サイトでできるロールシャッハテストに信頼性はありません。

理由は2つあります。1つ目は図版の違い、2つ目は選択方法の違いです。

本物の図版は掲載してはいけないので、ネットにある図版は本物とは異なる図版になるはずです。

ロールシャッハテストは本来、受検者に自由に語ってもらい、その反応内容を分析していく検査です。自由に回答できる点が投影法の決定的な特徴であり、選択肢を設けては意味がありません。

よって、無料サイトのロールは娯楽だと思って良いです。

本ブログには他にも心理検査についての記事がありますので、参考にしてみてください。

書籍紹介

2022/11/19

【無料あり】LD(学習障害)のおすすめ本5選【算数障害もカバー】

子どもが読み書きが苦手でLD(学習障害)かもしれないと先生に言われた…。確かに字を書くのに時間がかかるし、下手かもしれない…。 ディスクレシアとか算数障害とかもあるらしいけど、どうしたらいいの…。LDの本を読んで勉強したいけど、どの本がいいのかな…。 こういった疑問にお答えします。 本記事で紹介する書籍 LDの子の読み書き支援がわかる本 (健康ライブラリーイラスト版) LD(学習障害)のすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版) 学習障害の子どもへのサポート記録: ワーキングメモリが低い・ADHD疑 ...

ReadMore

書籍紹介

2022/10/9

【厳選】大人のADHDおすすめ本3選【当事者と家族・上司まで】

自分はADHDかもしれない… ネットの情報だけだと心配だから本も読みたい… 部下の行動がADHDの症状によくあてはまる… どういう風に接したら良いのだろう… 職場でできる工夫はあるのかな… こういった疑問にお答えします。 本記事で紹介する書籍 仕事&生活の「困った! 」がなくなる マンガでわかる 私って、ADHD脳!? 発達障害 生きづらさを抱える少数派の「種族」たち (SB新書) やる気に頼らず「すぐやる人」になる37のコツ (科学的に先延ばしをなくす技術)   記事の信頼性 私は現在 ...

ReadMore

書籍紹介

2022/10/9

【人生変わる?】アサーションの本おすすめ5選【心がまえも解説】

アサーションを勉強したいけど、どの本がいいんだろう… さわやかな自己表現って呼ばれてるらしいけど、さわやかなんて、苦手だ… こういった疑問にお答えします。 本記事で紹介する書籍 マンガでやさしくわかるアサーション 自己カウンセリングとアサーションのすすめ アサーション・トレーニングと心身の健康 (精神療法 第46巻第3号) 夫婦・カップルのためのアサーション: 自分もパートナーも大切にする自己表現 嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え   記事の信頼性 私は現在、医療分野でカウンセリン ...

ReadMore

書籍紹介

2022/9/10

【厳選】不登校対応のおすすめ本5選【親・専門家向け両方あり】

不登校の子どもにどう対応したらいいかわからない…。教育支援センターや学校に相談しているけど、親として、自分でも不登校について学んでなんとか状況を改善できないだろうか、と思って本屋に行ったけど、不登校に関する本がありすぎてどれがよいかわからなかった…。何から読んだらいいの… こういった疑問にお答えします。 本記事で紹介する書籍 子どもが不登校になっちゃった! 不登校に陥る子どもたち: 「思春期のつまずき」から抜け出すためのプロセス 不登校体験の本質と予防・対応 学校に行けない「からだ」 今、子どもの不登校で ...

ReadMore

書籍紹介

2022/8/27

【厳選】ペアレントトレーニングのおすすめ本4選【研修情報も】

子どもの問題行動にはペアレントトレーニングがいいって聞いたけど、どの本で勉強すればいいだろう。研修に行かないとスキルを身に着けることは難しいのかな… こういった疑問にお答えします。 本記事で紹介する書籍・研修 マンガでわかるペアトレ: 育てにくい子をほめる・のばす!10のレッスン こうすればうまくいく発達障害のペアレント・トレーニング実践マニュアル 発達障害の早期療育とペアレント・トレーニング ー親も保育士も、いつでもはじめられる・すぐに使えるー 読んで学べるADHDのペアレントトレーニング――むずかしい ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

モトセ

精神科・児童精神科クリニックの心理職です。他には学校、企業内で心理的支援の経験があります。最近は不登校支援に力を入れています。2022年4月にブログをリニューアルしました。お気に入りやtwitterフォローお待ちしています。

-心理検査
-