ロールシャッハテストってどんな心理検査?無料サイトの診断結果に信憑性はほぼ無い

心理検査
スポンサーリンク

最近ではgoogleがトップページで特集したり、無料でそれっぽい結果がわかるサイトがあるなど話題のロールシャッハテスト。

実際に受けたことがあるという方もおられるのではないでしょうか。

この記事はロールシャッハテストを受けた人や興味を持った人が、なるべく誤解なくどんな検査かを知るために書きました。

まず最初に、いくつかロールシャッハテスト風のもの扱ったサイトを紹介します。

あなたはどう見える?不思議な心理検査「ロールシャッハテスト」とは?

ロールシャッハ・テスト – what-character-are-you.com

【ロールシャッハ式】 あなたの不安をチェック!

上記のサイトに出ている図版はほぼ全てロールシャッハテストの原版とは異なるインクブロットです。つまり、架空の図版です。

また、選択式で回答していますが、これも元のロールシャッハテストとはやり方が全く異なります。Web上である都合上選択式にするしかなかったのでしょうが、自由な反応が売りの投影法の意味がなくなってしまいます。

そのため、これらのサイトのロールシャッハテストはロールシャッハテスト風の別物なのです。信憑性はほぼないと思います。

インクのしみを見て何がわかるのか

しみを見て何に見えるかで何がわかるんだ!と思われる方も多いでしょう。

ごもっともだと思います。なので、納得できない方は、「インクのしみ」を「現実のある場面」と置き換えてもう一度考えてみてください。

「現実のある場面をどう見るのか」、図版に対する反応は現実場面におけるその人の反応様式を再現するようなところがあります。

例えば、細部に着目するのかそれとも全体を見て判断するのか、他の多くの人が答えることと同じようなことを言うのかそれともユニークなものを見つけるのか、そういったことが図版に対する反応からわかります。

それは現実における振る舞いや考え方、感じ方の傾向と似てくるので、そこから性格傾向を推測するのがロールシャッハテストと言ってもいいかもしれません。

ロールシャッハテストとは

ロールシャッハテストは投影法の性格検査の1つです。左右対称のインクの染みが何に見えるかを答えてもらうものになります。

図版は全部で10枚あります。

テストのプロセス

①自由反応段階
図版が何に見えるのか自由に答えてもらう段階。

②質問段階
各図版で見えたものが、どのような所からそう見えたのか質問して明らかにする段階。

このような2段構えで行います。1時間で終わる人も中にはいるかもしれませんが、2時間以上かかる人もいます。

何がわかるのか

ロールシャッハテストでわかることの例としては以下です(包括システムという解釈方法の場合)。

・感情
・統制力とストレス耐性
・認知的媒介
・思考
・情報処理過程
・対人知覚
・自己知覚
・状況関連ストレス

例えば対人知覚は他者をどのように見ているかと言う指標で、否定的に見ているとか肯定的に見ているとか、そういうことなどが含まれます。

心理職はこれらをそれぞれ解釈し、最終的にまとめ、それを受検者にフィードバックするような形になります。

心理検査の実施・解釈には専門的な知識と経験が必要です。検査結果の解釈については、必ず専門家の説明・助言を受けてください。

やばいテストではない

ロールシャッハテストは性格検査なので、これをやってくれとお医者さんに言われたから特定の病気というわけではありません。

性格傾向を知り、治療を行う上での方向性や気を付けるべき点などをあらかじめ知るために実施するものです。

信頼性が低いとの噂があるが本当?

これに関しては様々な議論があるので詳しくは書籍などをご参照ください。

ただし、学んだ身として主観的な感想を言うと、包括システム(エクスナー法)による解釈は過去の大量のサンプルを分析した結果に基づいており、解釈に主観が入る要素はとても少ない気がします。

どこで受けられるのか

こちらの記事が参考になります。この記事は企業が書いているものなので、個人の方が書いているものより信頼性が高いと思われます。

ロールシャッハ・テストとは?目的と診断手順、受検方法は?結果の信頼性は?気になる疑問をまとめました

 



もし学生さんであれば、AmazonのPrime Studentに加入することをお勧めします!

Prime Studentは月額たった250円でプライム会員とほぼ同等の特典が使えるサービスです。何より無料体験が6ヶ月と長く、完全無料で半年間利用して解約することもできます

文房具・ノートが20%オフになったり、本の購入にポイント還元がつくなど学生には嬉しい特典もあります。

大学生・短大生・大学院生・専門学生の方は、今すぐ利用するすることをお勧めします。

この記事を書いた人
モトセ

30代の心理職です。元会社員で社会人入試組。ITベンチャー→大学→大学院→心理職。SC、精神科クリニック、企業内心理職の経験ありです。twitterでは心理学関係の学会の更新情報をつぶやいていますので、情報収集に使ってください。

心理検査
スポンサーリンク
神はPsycholoを振るー臨床心理学を応援するブログ

コメント

  1. mizuno より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    17年位前にに古畑任三郎という、田村正和が主演の刑事ドラマがやっていいたのですが、そこで
    ロールシャッハテストの存在を初めて知りました。知覚だけではなくストレス耐性など、色々な事も分かるんですね!勉強になりました!!
    私もFC2ブログで、雑学や話題の商品評価ブログをかいておりますので、よかったらご覧になって下さい。
    よろしくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました