YG性格検査(矢田部ギルフォード性格検査)とは|特徴・解釈・因子

心理検査
スポンサーリンク

YG性格検査(通称「ワイジー」)は心理学における代表的な質問紙法による性格検査の1つです。

けっこう前にホンマでっかTVで取り上げられた性格分類の元となっているようで、知名度がまた上がっているみたいです。

その際はディレクター、ブラックリスト、カーム、エキセントリック、アベレージという5つの分類をしていました。

今回はそんな話題のYGについて解説していきたいと思います。

YG性格検査について

まずは基本的な情報を引用します。

ギルフォードの性格検査を矢田部達郎が日本人用に標準化した性格検査であり、日本で最も多く使われている。120項目で12の性格特性を測定する。また、測定結果で5つの類型に分類することも可能である。はい、いいえ、どちらでもない、の3件法である。MMPIのように妥当性尺度がないため、回答の歪みを判断できないため、妥当性に問題がある。
(臨床心理士指定大学院対策 鉄則10&キーワード100 心理学編 (KS専門書)より)

YGは小・中・高・一般で標準化されていて、日本では学校現場や仕事現場、臨床現場などでとても良く用いられるそうです。

この日本ではという所がくせもので、実はこのYG性格検査は国際的にはマイナーです。

YGが普及してきたのは文献を見る感じだと1980年代初めで、このころはまだビッグファイブの質問紙であるNEO-PI-Rもありませんでした(NEO-PI-Rは1991年刊行)。
※ビッグファイブについてはこちら
性格を表す5つの特性 ビックファイブ -特性論2-

以前ある教授先生に聞いた話では、なんでもこの業界は「作っちゃったもん勝ち」らしく、いい感じの性格検査がまだ出そろっていないころに標準化して世に送り出したため、普及したみたいです。

120項目という割合少ない項目数で12の特性を測定できるところ、特性論でありながら類型論的に解釈できるところ、あるいは普及した人の手腕が高かったのかわかりませんが、とにかく良く使われます。

※特性論についてはこちら
適性検査で使われる性格の捉え方 -特性論1-

一方で問題点も多く指摘されています。一例としては

  • 研究には使わない方が良い(国際的にマイナーのため)
  • 意図的な反応歪曲に弱い(わざと望ましそうな方向に回答されてもそれを特定できない)。
    ※一応の対策としては、この検査は本来検査者が項目を読み上げて回答させる強制速度法というやり方ではある。
  • 因子の妥当性が低い(同一因子の項目よりも他の因子の項目と高い相関があるなど)
では測定している内容を見ていきましょう。

YG性格検査の12因子

YGは12の因子から構成されています。

実際にやるとわかるのですが、この得点は最終的にグラフになるので、視覚的に特徴を捉えることもできます。

1.D尺度(抑うつ性)
悲観的気分や罪悪感などの性質をみる尺度。

2.C尺度(回帰性傾向)
気分の動揺しやすさなど情緒的不安定さの性質に関する尺度。

3.I尺度(劣等感)
自信の欠如や自己への過少評価などに関する尺度。高いと自信過剰といえる。

4.N尺度(神経質)
ちょっとしたことが気になる、心配性などに関する尺度。低いとくよくよしないということ。
ビッグファイブやMPIでもおなじみの尺度。

5.O尺度(客観性のなさ)
ありそうもないことを空想したり、過敏性の性質に関する尺度。低いと客観的で現実的。

6.Co尺度(協調性のなさ)
不信感、不満感のもちやすさに関する尺度。低いと協調性が高い。

7.Ag尺度(攻撃性・愛想の悪さ)
気が短い、衝動的といったことに関する尺度。情緒が安定したうえで高ければ、社会的に積極的で好ましいが、不安定なうえで高ければトラブルを起こしやすい。

8.G尺度(一般的活動性)
仕事の速さ、動作の機敏性、活発さに関する尺度。

9.R尺度(のんきさ)
好刺激性、おとなしくしているのは苦手などに関する尺度。低いとのんきではないということなので、慎重で気難しく、優柔不断といった傾向となる。

10.T尺度(思考的外向)
深く物事を考えない、大雑把、軽率であるかに関する尺度。高いと外向的(雑)、低いと内向的(熟慮する)となる。

11.A尺度(支配性)
社会的指導性、リーダーシップに関する尺度。低いと追従的となる。

12.S尺度(社会的外向)
人付き合いの広さなど、対人関係において社交的かどうかに関する尺度。高いと外向的(社交的)、低いと内向的(非社交的)となる。
ビッグファイブやMPIでもおなじみのビッグツー。

YG性格検査における類型

YGでは12の下位尺度得点の他に、系統値というものを算出し、5つの類型に分けることができます。

これにはA、B、C、D、E類型というものがあります。

どの型に当てはまるかで大まかな解釈もできます。妥当性は疑わしいものの、クライアントの自己認知を評価するのには有用だと先輩から聞いたことがあります。

各類型の特徴については以下が参考になります。
http://www.seikakutype.com/free_9_5.html

この類型がホンマでっかTVで取り上げられているもので、例えばB型であればブラックリストタイプ、等のキャッチーな名称を付けて面白く伝えています。

やってみたい方は以下で簡略版を実施できます。
http://psycho.longseller.org/yg.html

とはいえ、類型は典型といわれるバッチリ当てはまるものから、準型混合型(AC型など)といった分類まで様々あり、厳密にやるとTVみたくはいきません。

番組では先生方のいくつかの質問に答える形ですが、実際のYGは自己記入式です。
(裏で事前にやっている可能性もありますが)

まとめ

ホンマでっかでの分類がYGを元にしているというのは出演者の先生本人たちが言っていたのでしょうか。
番組を見てないのでソースがどこかわからないのですが、ぱっと見MPIにも見えます。

YG
※http://ok723.hatenablog.com/entry/2016/01/27/210000より引用

この検査も性格検査であり、奇抜な回答をしたからといって特定の病気と診断されることはありません。

性格を理解し、より適応的な生活を送るためのヒントを得ることが目的となります。

もし学生さんであれば、AmazonのPrime Studentに加入することをお勧めします!

Prime Studentは月額たった250円でプライム会員とほぼ同等の特典が使えるサービスです。何より無料体験が6ヶ月と長く、完全無料で半年間利用して解約することもできます

文房具・ノートが20%オフになったり、本の購入にポイント還元がつくなど学生には嬉しい特典もあります。

大学生・短大生・大学院生・専門学生の方は、今すぐ利用するすることをお勧めします。

【公式】Prime Studentで6か月間無料体験してみる。

この記事を書いた人
モトセ

30代の心理職です。元会社員で社会人入試組。ITベンチャー→大学→大学院→心理職。SC、精神科クリニック、企業内心理職の経験ありです。twitterでは心理学関係の学会の更新情報をほぼ毎日つぶやいていますので、情報収集に使ってください。

心理検査
スポンサーリンク
神はPsycholoを振るー臨床心理学を応援するブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました