性同一性障害に伴う困難

eye catch image 臨床心理学
スポンサーリンク

この記事は大学のテスト対策、大学院入試の勉強用の記事です。
論述問題の勉強の参考にしていただけると嬉しいです。

記事のkey wordは “性同一性障害” などです。


■性同一性障害に伴う困難


身体の変更について


・本人の適応の観点から考えると2つのパターンが考えられる

・1つ目はジェンダーアイデンティティに身体を合わせるパターン(体が男で、中身が女の人が、性転換して体を女にする)。

・2つ目は身体にジェンダーアイデンティティを合わせるパターン(体が男で、中身が女の人が、男として生きていくことを選択する)。

・あまり知られていないが、性別適合手術を行うには、前段階としてやるべきことがある。

・6~12週間心理療法を受け、望む性別での生活を1年経験した後、手術を行う。

・希望者の大半は1年のうちに手術をしないという選択をすると言われている。
※つまり実際に転換した人はすごいメンタルをもっている。



性転換によって生じる困難


・多くの性転換者がそれ以前の対人関係を途絶させる点がある。

・その結果、ソーシャルサポートが得られにくくなり、社会に適応することが困難ないし、大変な努力を必要とする場合がある。
※親が認めてくれない場合などが想像しやすい。

・会社でいきなり転換後の性別のトイレ使ってたらかなり違和感ある。


ざっくりしていてすいません。時間がある時にもう少し加筆します。



もし学生さんであれば、AmazonのPrime Studentに加入することをお勧めします!

Prime Studentは月額たった250円でプライム会員とほぼ同等の特典が使えるサービスです。何より無料体験が6ヶ月と長く、完全無料で半年間利用して解約することもできます

文房具・ノートが20%オフになったり、本の購入にポイント還元がつくなど学生には嬉しい特典もあります。

大学生・短大生・大学院生・専門学生の方は、今すぐ利用するすることをお勧めします。

【公式】Prime Studentで6か月間無料体験してみる。

この記事を書いた人
モトセ

30代の心理職です。元会社員で社会人入試組。ITベンチャー→大学→大学院→心理職。SC、精神科クリニック、企業内心理職の経験ありです。twitterでは心理学関係の学会の更新情報をほぼ毎日つぶやいていますので、情報収集に使ってください。

臨床心理学
スポンサーリンク
神はPsycholoを振るー臨床心理学を応援するブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました